合コン・飲み会のとき、気になるアノ子の名前を必ず覚える「2つのコツ」

話題
合コン・飲み会のとき、気になるアノ子の名前を必ず覚える「2つのコツ」

合コンや飲み会のときに、気になる女の子の名前を聞いたのにもかかわらず、酔っ払ってなくてもつい忘れてしまうことはありませんか?

 

これは飲み会の話だけではなく、日々の生活の中で、一度で名前を覚えられたらどんなにいいことだろうと思ったことは、どなたでもあるはず。

 

しかし、そもそも私たちの脳は「覚える」よりも、「忘れる」ことが得意なのです。それもそのはず、忘れることができなければ、忘れ去りたい悲しい出来事や恥ずかしい思いだけではなく、目に入る看板や電車の中で聞こえてきた会話、すれ違った人たちの顔など、どうでもいいことをすべて覚えることになり、脳が処理できなくなるのです。

 

ですので、私たちの脳は、記憶の中枢である海馬が、長い時間覚えるべき情報と忘れてもいい情報を選別しているのです。

 

私たちが自然に長期間覚えておける情報は、「命に関わる情報」です。たとえば大昔の人達は、「あそこの場所はマンモスが出るぞ」というような命に関わる情報をまず覚え、厳しい生存競争を勝ち残ってきたと考えられます。

 

人の名前はうっかり忘れても生き残ることができます。ですから、人の名前というものは、そもそも長期間の記憶に残りにくい情報なのです。

 

それでは、気になるアノ子の名前を長期間覚えておくにはどうすればいいか。それには2つのコツがあります。

 

 

1つ目のコツは「興味を持つ」こと。「アノ子の名前を忘れると死んでしまう」というロミオとジュリエットさながらの状況であれば、この記事を読むまでもなく、必ず覚えていることでしょう。しかし、すべてがそんな状況になるわけではないでしょうが、そう思い込むことはできるはずです。

 

記憶の中枢である海馬と感情の中枢である扁桃体は、隣り合わせにあり、お互いが密接に関連しています。すなわち、覚える対象が「興味がある」「大好きである」というものであれば、扁桃体の力を借りて海馬がパワーアップするのです。これは、実際に好きじゃなくてもいいんです。興味があると思い込み、好きだと思い込むことが大事なのです。

 

そして、2つ目のコツは「繰り返す」こと。繰り返し脳に入る同じ情報は、海馬が「命に関わる情報かも」と勘違いをするので、長期間覚えられるようになります。昔、英単語を繰り返し書いて覚えるという作業をしたと思いますが、これは脳のしくみとして、理にかなっているのです。

 

ですので、アノ子の名前を教えてもらったら、話しかけるたびに必ず「名前」で呼びましょう。面倒だからといって、熟年夫婦のように「ねえ」とか「あのさあ」とか、名前を思い出すことをサボってはいけません。気になるアノ子の名前は、恥ずかしがらずに名前で呼びましょう。

 

 

さらに、名前だけを覚えるのではなく、「イメージ」を付け加えるとさらに思い出しやすくなります。

 

たとえば、たんに「はなこさん」とだけ覚えるのではなく、「●●会社のはなこさん」とか「赤い洋服のはなこさん」とか、なんでもいいので、名前のほかに1つ情報を付け加えましょう。何も情報が得られないときは、「漢字でどう書くの?」と聞くのも有効です。「はなこさん」よりも「花子さん」とか「華子さん」のほうが思い出しやすくなります。

 

私たちは覚えられないのではありません。思い出しにくくなっているのです。普段から、思い出せないからと言ってすぐにスマホで検索するのではなく、思い出す習慣をつければ、いざというときに役に立ちますよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

脳神経外科医

菅原 道仁

All About「家庭の医学」ガイド。現役脳神経外科医。脳血管障害を中心に、救急医療からリハビリテーション、予防医療までの現場経験を元に、くも膜下出血・脳梗塞・認知症などに代表される脳・神経の病気について、...

菅原 道仁のプロフィール&記事一覧
ページトップ