大人と子供が分かり合えない理由

人間関係

 

あなたは、車の運転をしていて、子どもの飛び出しにヒヤッとしたことがありますか?私の場合、何年か前に、渋滞していた対向車線から、スッと小さな子が出てきて、ヒヤッとした経験があります。

 

大人の感覚からすると、どうしてそんな危ないことができるの?と思うことでも、子どもの場合、身長や視野の広さという物理的な制約で、大人の感覚で考えてはいけないのですね。

 

自動車メーカーのホンダでは、交通安全の啓蒙活動として、「CHILD VISION」という子どもの視野を体験できるメガネの情報を提供しています。それによると、大人の左右視野が約180度あるのに対し、幼児の場合は、わずか90度。半分しかありません!さらに身長も約半分ぐらいと考えると、よほど大人の方が気をつけてあげなくてはならないのは、当然です。

 

さて、話は事故防止にとどまりません。毎日の生活の中で起こる、様々な出来事についても、子どもの経験は大人より、圧倒的に少ないのです。30歳前後でお子さんを授かったとすると、すでに30年の差があるのです。当たり前のことです。そんなこと、わかっていますよね?ところが、お子さんも小学生ぐらいになり、言葉では大人と同じようなことを言うようになると、ついつい、圧倒的な経験年数の差を忘れがちです。

 

人間関係のトラブルは、大人でも嫌なものですが、子どもにとっては、大人の感覚以上に辛いものだったり、逆に、大人からすると、ひどい!と憤慨したくなるようなことなのに、全く気にしていなかったり、ということがあります。いや、よくあります。その大人の感覚とのズレは、大人にとって、「?」マークを心の中で飛び交わすことにもなりがちです。

 

交通事故防止のための子どもの視野を把握することは、「CHILD VISION」など、具体的な体験として経験できます。が、心の方は、なかなか簡単ではありません。何かがあった時のお子さんの反応にイラっときたら、「そうそう……4分の1、4分の1。今はこれでいいんだ」と思い出してみてください。視野も経験も4分の1の相手なんですから、まあ、仕方ないですよね。

 

そして、それはあまりに違うでしょ!と思うなら、怒る前に、「知らなくて(できなくて)当たり前。教えてあげよう」という感覚で接することが大事なのではないかと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

私立小学校校長

青木洋介

1976年生まれ、都内私立小学校校長。 2013年「むさしの学園小学校の母親を変える教室」出版。 低学年から高学年までの担任を経験する中で、子どもが安心して活躍するためには、まず、母親がイキイキしていることが大...

青木洋介のプロフィール&記事一覧
ページトップ