「まずは行動すること」。ホリエモンによる珠玉のアドバイス

エンタメ

 

「ホリエモン」こと堀江貴文氏(46)とは二度ほど、かなり薄い関係性ではあるけれど、私はメディア上で絡んだ過去がある。

 

一度は、かつて日本テレビ系列で放映されていた『解決! ナイナイアンサー』というバラエティ番組で、私が「クセ者相談員」として、堀江氏が「相談者」として出演したときのことだ。たしか、堀江氏の悩みは「ボクは世間に誤解されている。もっと真の自分を知ってもらいたい」みたいな内容で(本当に悩んでいたかどうかは怪しいものだがw)、そこで私は東大の赤門前やら新橋やら巣鴨のとげ抜き地蔵近くやら六本木のキャバクラで、現役東大生だとかサラリーマンだとかおじいちゃんやおばあちゃんだとかキャバ嬢から「ホリエモンに抱く個人的印象」をリサーチし、堀江氏の眼前でそれらの“調査報告”をブチまけた。もちろん擁護派も相当数存在したが、なかにはけっこう辛辣な意見もあった。番組企画のうえでのやむを得ない流れとはいえ、収録終了後には心がちょっぴり痛んだのをおぼえている。

 

あと一度は、もう5年以上も前だろうか……この『citrus』の前身であるニュースサイト『news dig』で、私が「ウェブライターはなぜ文章がヘタなのか」(※あくまで当時のお話で、昨今はウェブでもちゃんとした原稿をお書きになっている同業者は日ごとに増えている)みたいな内容のコラムを書いて、プチ炎上したときだ。そこで堀江氏はツイッターだかなんだかで「山田ゴメスごときに〜」と、そのコラムを一刀両断。「このヒトは最小限の言葉で他人をこき下ろすテクニックに、なんて長けているんだ」と感心したと同時に、堀江氏に対する複雑な想いを抱いてしまったのは言うまでもない。

 

そんな私にとって(一方的な)因縁憚らない堀江氏であるが、とくにここ最近は「すごくイイことを言ってる」確度がやたら高い気がする。とにかく、ネットパトロール中、目につく名言が“ホリエモン発”であるケースが、あまりに頻繁なのである。そして、こんな「(一方的な)因縁憚らない相手」だったはずの堀江氏のことを、不覚にも私はだんだん好きになり始めてきている。

 

HUFFPOSTが『「年収200万円でも知らねえよ、だけど…」ホリエモンが“生き方のアップデート”を訴える理由』なるタイトルのインタビュー記事を配信していた。

 

その文中で、堀江氏は「昨今、自身の活動がエンタメ寄りになってきている意図」を以下のように語っていた。

 

生きるために働く時代は既に終わり、現在は(誰もが)働くために働いてしまっている。

 

今度AIやロボティックスが発達し、人間が行う、いわゆる「仕事」は無くなっていきます。

 

仕事というやるべきことがなくなった結果、人々の関心はエンタメに向かうと思います。

 

(中略)このような背景から、トッププロだけじゃなく、アマチュアの人たちでもエンタメに挑戦できるんだという文脈を作っていきたいです。

 

(中略)「素人の僕でもここまでやれる」ということを示すことで、一般の人たちに「自分もできるかも」と思ってほしい。

 

(中略)何をすれば、みんなの生き方はアップデートされるのか、より良い人生を歩めるのかをすごく考えています。その結果、「行動する」ことが大事だという結論に至りました。

 

(中略)(たとえ)年収200万円でも月15万円以上。それだけあれば、(旧来の価値観に縛られ、劣等感を感じさえしなければ)家や車を買ったり家族を養ったりということを考えなければ、十分に楽しめる(人生をアップデートできる)と思う。

 

堀江氏ならではの、ウェブメディアをも最大限に活用する巧妙なアジテーションで「アマチュアでもエンタメに挑戦できる」という文脈がちまたで爆発的に蔓延しすぎたら、しょぼいユーチューバーあたりがますます繁殖してしまう危険性もなくはないが、まあ、犯罪めいたパフォーマンスを流したり、他人に物理的な迷惑をかけたりしないかぎりは、私ら視聴者側も無視……目に入れなきゃいいだけなので、さして問題はない。「まずは行動すること」という提唱はシンプルながら……いや、シンプルであるからこそ、じつに力があって、思わず身を正したくなる珠玉のアドバイスである。

 

とりあえず、私は明日から「一日3回は執筆のために通う喫茶店の一軒を、オール禁煙のカフェに変えてみよう」と考えている。もしかしたら、それがきっかけで禁煙できるかもしれないし、基本ルーティンな毎日を好む私の文体にも、幾分かの新しい風が吹くのではなかろうか? 「明日から」って言ってる時点でダメなんですけどね(笑)……「今日から」やんなきゃ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ