【貧困女子】セクシー俳優とレンタル彼氏、愛はお金で買えるのか?ストレス脱毛と不安な日々

ライフスタイル

Suits-woman

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたはずが、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

 

今回、お話を伺ったのは、都内の会社で正社員として働く、松岡こずえさん(仮名・40歳)。彼女の年収は600万円ですが、住宅ローンを含めると借金が3000万円以上あるといいます。

 

「2年前に父親が死んだときに、遺産が2000万円入ったので、そこに自己資金の600万円を足し、世田谷区にある築35年の1Kのマンションを買ったんですよ。賃貸として貸し出せば、現金を持っているよりもいいかな……と。

 

でも全然、借り手がいなくて、不動産会社の担当者をディスりまくっていますよ。管理費ばっかり出ていくんだもん。売りに出しても、なかなか買い手がつかなくて、オリンピック景気なんて大嘘だと思いますよ」

 

今、こずえさんが住んでいるのは、35歳の時に買った新築マンション。この住宅ローンの返済と、2つの物件の管理費で、毎月20万円近く飛んでいくといいます。

 

「ずっと男からバカにされてきたし、DV系のダメ男にも引っかかって来て、わりと早いうちから、一生独身かもしれないと思っていたんです。

 

女が一人で生きていくのに、持ち家があれば社会的にも軽く見られないと思って、ローンが組めるうちに買っちゃったんですよね。10年前当時で、4300万円でした。親も援助してくれたし、わりと有名な会社に勤務しているからするっと審査が通りました」

 

こずえさんは、地味めな女性です。切れ長の目がスッとしていて、中肉中背、セミロングヘアを1本に結び、臙脂色のニットチュニックに黒のパンツを合わせています。バッグはフリマアプリで買ったという、アメリカブランドのロゴがジャカード織になったベージュのトートです。

 

今までに取材した貧困状態にある女性の雰囲気とは、どこか違います。

 

 

■定期収入があっても、お金が無くなってしまうのは、浪費が激しいから

 

「それは正社員だからだと思いますよ。でもね、ホントに何かの病気になって、収入が下がったら、けっこうヤバいレベル。クレジットカードのキャッシング枠の10万円もめいいっぱい借りているし。本気で私の年齢でも入れるお店でアルバイトしたいくらい。いつもお金のことばっかり考えていて、頭がおかしくなりそうです。

 

毎月、給料は43万円くらい入って来るんですが、その半分がローンの返済で吹っ飛んで行く。賃貸だったら、家賃7万円くらいのところに引っ越して、ミニマムに生活ができるのに」

 

今、お金がない理由について、伺いました。女子会や飲み会にも行かず、特におしゃれにも興味がないのに、なぜお金がないのでしょうか。

 

「いろんな勉強会に参加しているからです。土日の予定が空いていると不安で、投資セミナーとか、恋愛をテーマにした実践の勉強会などに行っています。週末に4つのセミナーをハシゴすることもあるんですよ。

 

そこでいろんな出会いもありますし、頑張っている自分が好きだというのもあります」

 

参加費用が最も高額だったものは、2万円。ビットコインや仮想通貨とされるものについての投資会だったと、こずえさんは続けます。

 

「都心の一流ホテルで行なわれた勉強会で、名家の血を引く女性が、幸せになるコツを教えてくれるんです。ガンを予防する方法、自分の中の女性を開花させる方法、人生必勝のコツなどを教えていただき、最後に最適な人生必勝の投資法として、ビットコインとか仮想通貨とかを勧められました。

 

セミナーが終わって、自宅に帰ったときに、会の主催の女性がわざわざLINEをくれたんです。”今が最後のチャンスだから、ついてこないと、本当に不幸になりますよ。お金持ちになって幸せになろうね”という内容だったのです。

 

これは絶対にやらなくちゃと思い、保険を解約して49万円を投資したんです。これが増えるのが楽しみ!お金があれば、私が大好きな彼にもいっぱい会えますし……」

 

お金があれば、好みのタイプの彼に会えるサービスは、徐々に増えており、そのサイトを見ているだけでも、楽しいのだとか。

 

こずえさんが言う、「お金があれば彼に会える」とは、どういうことなのかを伺いました。

 

「私がここ2年くらい付き合っているのが、セクシー系のプロとして活躍している男性なんです。付き合っているというと語弊があると思いますが、まあ大人な関係で親しくさせていただいているという感じかな(笑)。

 

というのも、彼に会うには、予約してお金を払わなくてはならず、1日で8万円くらい飛んでしまうんですよね」

 

そこに男女関係はあるのかと伺うと、ケースバイケースであり、そのときの状況によるといいます。

 

「相手はビジネスですからね。私は1ファンでは終わりたくなくて、思い切って声を掛けたら、マネージャーさんを紹介されました。プライベートの付き合いがしたいのに、なかなかそうはいかないんですよね」

 

その他にも、添い寝をしてくれるサービスなどにも登録しているとか。これは、2.5次元のようなイケメンが、自宅に来てくれて添い寝をしてくれるといいます。

 

「これはすごく癒されます。アロママッサージをしてくれて、私の悩みや苦しみをみんな聞いてくれて、心が軽くなるんですよね。この添い寝は、絶対に恋愛関係になりません。安心と言えば安心なんですけれども、物足りないという方が先に立つかもしれない(笑)」

 

 

■これらのサービスハマり、お金がほとんどなくなってしまった

 

「そもそも、不動産投資用のマンションンの購入時に、貯金がすっからかんになっていたんですよ。そこに加えて、いろいろお金がかかることを始めてしまったので、今の状況になっていますね。これらのサービスを申し込まなくても、生活費でお金が無くなっていたと思います」

 

こずえさんには、現在は貯金が一切ない。給料の天引きで行なっていた財形も解約してしまい、老後資金のことを考えると不安になって、眠れなくなるのだそうです。不安でたまらない夜に、添い寝のサービスをお願いすることもあるのだとか。

 

「私みたいな地味な人間は、まともな彼氏なんてできませんからね。今までに付き合った人はいますが、みんな3か月くらいで終わっちゃう。

 

恋愛が下手なのかな……“付き合う”と言われると、舞い上がってしまい、彼のために何でもしてしまうんですよね。掃除、洗濯、料理などを完璧にこなし、従順でいい妻になりたいとアピールしてしまう。それが幸せでもあるんですよね」

 

そのうちに、彼側から“重い女”と言われて、フラれてしまうのだそうです。

 

「私ばかり努力している……といつも思います。それを態度に出してしまうこともあります。別れ際はいつも大モメになり、別れたくない私と、別れたい相手とで泥仕合になったことも。お金を貸したのに返って来なかったり、暴力沙汰になったりで、私は恋愛運が本当にないんです」

 

男性にお金を貸した最高額は50万円。そのときに、毎日モヤシと卵を食べるような生活になったので、“眠っていてもお金が入って来る仕組み”を作れるように、不動産投資や株投資、FXなどをやってみたそうです。

 

「いずれもあまりいい結果になっていないですね。というか、損をしていることが多い。いろんなセミナーに行って勉強しているんですけれどね。結局、地道に仕事をしたほうが、お金になるんだと、今は株も売ったし、FXもやめました。儲かってる人の話はたくさん聞くのに、自分がやると全然だめですね」

 

今までで一番幸せな恋愛はどのようなものなのかを聞くと、大学時代に付き合っていた同級生の男性だとすぐに答えてくれました。

 

「その人は一番結婚を考えてくれていたし、交際期間もちょっと長かったんですよね。でも、ものすごいバカで、何も知らなかったので、一緒にいても会話にならなくてつまんなかった。彼と付き合い続けることはできなかったかな」

 

今のままでは、経済的に破綻していくかもしれないと、常に恐怖を抱えているこずえさんは、円形脱毛症に悩んでいるといいます。

 

「あまり目立たないのですが、円形脱毛症ができてしまったんですよ。髪が一部の髪がごっそり抜けて、範囲が広がらないんじゃないかと恐怖です。セミロングにしていますが、排水溝にには髪がごそっと引っかかっていて、ビックリすることがあります」

 

その改善のための、通院や民間療法のためのお金も必要になるといいます。

 

「女性が幸せになるためのセミナーや、自分の中の子供の心と向き合うためのメソッドなども受けているんですよ。これが本当にお金がかかる。オーガニック素材を使ったオイルや入浴剤、サプリメントもお金があったら買いたいですね。不安だらけで、どこから手を付けていいのかわからないんです」

 

お母さんとの関係は、いかがなのでしょうか。

 

「母とは表面上は仲良くしていますが、一緒にいて居心地はよくありません。母の“家族はこうあるべき”というところに、40歳になっても結婚していない私は失格ですから。30代のときは、結婚について言われましたが、38歳あたりから何も言われなくなりました。言われないとさみしいものですよね」

 

これからの目標は、何かで一山当てて、借金を返済すること。

 

「投資用に買ったボロマンションが売れればいいのですが、ずっと売れていません。話がまとまりそうになっては、消えていくんですよね。現地を見ると、日当たりの悪さや管理のずさんさで、買い手が逃げていく。売れたとしても借金は残りますから。誰か金持ちの老人の後妻になりたいかも。老後の介護を引き受けて、ガッツリと遺産をもらえればいいと思います」

 

一時期は、株の投資でデイトレーダーのようなことを行なっていた。「お金がないときに投資をすると、儲からない」とこずえさんは語る。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Suits-womanの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Suits-woman

Suits-woman

働く〝堅実女子〟のためのリアルライフマガジンとして発行されているSuits WOMAN。雑誌名は、働く女子のための服=スーツから付けられました。またSuitsには英語のsuit (ぴったり合う)という意味も。あなたのライフ...

Suits-womanのプロフィール&記事一覧
ページトップ