東京サバイバル飯! 『丸亀製麺』で話題の“130円の天かす天丼”を食べてきた

ライフスタイル

食楽web

食楽web

 

この世には何となく「セコい」行動をする人がいます。

 

例えば職場で後輩が買ってきた出張土産。「ご自由にどうぞ」と書かれているのをいいことにごっそり持ち帰る先輩。部の飲み会で、そろそろお開きという空気が漂うと、「これで楽しんでよ」と割り勘でも足りない金額を置いてそそくさと帰る上司。皆さんの周りにもそんな微妙に「セコい」行動をする人がいませんか?

 

ところで、先日、テレビを観ていたら「丸亀製麺に130円の天丼がある」ということを知りました。なんでも「天丼用ごはん」(130円)だけを注文し、自由にトッピングできる天かすと青ネギを載っけて、さらに天つゆをかけて“天かす天丼”にして食べるんだそうです。まさに「セコさ」を感じる行動です。が、非常に魅力的でした。なぜならその映像が、ものすごく美味しそうに見えたからです。

 

そこで近所にある『丸亀製麺』に、それだけを食べに行こうと決心したのです。

 

 

 

 

■果たして「セコさ」を貫けるのか?

 

しかし「セコい」行動と自覚していることを、いい大人がいざ実行するとなると、非常に苦しいものです。見栄を張るほうがずっとラク。例えば「ぶっかけ」にトッピングの天ぷら各種を好きなだけ載せて豪華にするのは簡単です。

 

しかし「天丼用ご飯」(130円)だけを注文し、何もトッピングせずに会計することは想像するだに恥ずかしく、勇気のいることだと思いませんか。

 

まず店員さんとのファーストコンタクト。それによって向けられる周囲のお客さんの視線。今日に限ってなぜこんな服を着てきたのか…などとものすごく自意識過剰になっていかざるを得ないのです。

 

そこで、せめて一番お客さんがいなさそうな時間、平日17時に訪店しました。

 

 

ところが、さすが『丸亀製麺』。幸か不幸か、そんなアイドルタイムでも盛況でした。最初の注文からトッピング、会計までの一連のレーンは行列ができています。

 

そして最初の関門は、ベースのうどんを注文するおじさん店員さんとの会話。そのおじさんは、俳優の遠藤憲一さんのようなコワモテ。黙々とお客さんをさばいていきます。

 

遠藤さんもどきの頭上を見上げるとメニューには、「うどんとご一緒に」というコピーと共に「天丼用ごはん130円」の文字をしっかり確認。小声で注文しました。

 

すると……

 

最初の関門は、うどんの種類を選ぶこと。サイドメニューとして「天丼用ごはん」130円があります

 

筆者:「天丼用のご飯をお願いします」

遠藤店員:「はい??」

 

聞こえないようです。

 

筆者:「あの、天丼用ごはんを……」

遠藤店員:「はい??」

 

聞こえないふりでしょうか。

 

筆者:「…じゃあ…」

遠藤店員:「ざるですね」

 

なんと、「じゃあ」と言ったはずなのに「ざる」と聞き間違えられてしまいました。

 

そう、無理なんです。そもそも「うどんとご一緒に」と定められたサイドメニューだけを注文するなんて、どんなにセコい人間でも、店のルールがあるので、できるはずないんです。そこで、やむなく「ざるうどん」をメインにオーダーし、「天丼用ごはん」をサイドメニューとして頼むという奇策に出ました。

 

すると、すぐさまその2つがやってきてトレーに載せられました。当然ながら、一面、真っ白です。

 

「天丼用ごはん」130円

 

恥ずかしいので、そのまま一気にお会計に進みたいところですが、前の人が「かしわ天」「いか天」「えび天」「さつまいも天」など魅力的なトッピングメニューをトング片手に楽しそうに選んでいるので、追い抜くことができません。

 

筆者としては、いち早く無料トッピングの天かすコーナーに行きたいのですが、その場所は会計を終えた先。まるで万引き主婦のようにひたすら下を向き、会計の順番を待ちます。

 

 

真っ白なままのトレーなので、恥ずかしさのあまり、お会計のレジの人と目を合わさないようにして「計420円」を支払い、まっしぐらに無料の天かすコーナーへ向かいます。

 

無料の天かす

 

無料の青ネギ

 

人目もはばからず、オタマで思いっきり天かすをよそい、続いて同じく無料である青ネギもしこたま載せます。このとき、周囲を決して見回してはいけません。「セコい人間がいる」という視線を感じてしまうと、「天かす天丼作り」に挫けてしまいます。最後に、自家製天ダレを2~3周、回しかけて、やっとのことで130円天丼を完成させました。

 

そうして、そそくさと一番目立たない端っこのテーブルに着席。

 

香ばしさ満点の天かすを載せ放題!

 

青ネギもたっぷり載せると美味しい!

 

 

■“丸亀”の天かす天丼は立派だった!

 

 

さあ実食です。天かすはカリッカリ、青ネギはシャッキシャキ。この食感だけでも十分に楽しく、天ダレのほんのり甘くスッキリした味わいがよく合います。天かすをよく噛み締めていると、エビ天やイカゲソ天と言った魚介系の味がうっすら染みており、これはもはや“具のないかき揚げ”なのではないかと思うほど。想像した味を裏切りません。

 

むしろ、仕方なく頼んでしまった「ざるうどん」はすっかりサイドメニューと化し、「天かす天丼」が一発逆転、メイン料理となったのです。

 

それだけではありません。私は発見してしまいました。店内を見回すともう1つの無料アイテム「温かい天つゆ」があることを。

 

それはポットに入った天つゆ。何度も言いますが、これも無料。そこで、これを小さな茶碗に入れて「天かす天丼」にたっぷりかけてみます。この行為は全く恥ずかしくありません。

 

 

かつおダシの効いたおツユが、天かすと出会う。すると、どうなるかわかります? そうです。「たぬきそば」の天かすのように、ツユをたくさん吸ったぶよぶよ天かすに変化し、さらにこの味変は、まるで天丼茶漬けを食べているようで美味しいのです。

 

天つゆを吸った天かすが旨い!

 

たった130円で、かき揚げ丼を彷彿させ、そのあと〆の天ぷら茶漬けも味わえるとは……。恐るべし、「天丼用ごはん」130円。

 

しかし、くれぐれも注意してください。うどんメニューの注文は必須。130円では絶対に済まされません。そして繰り返しますが、セコさを貫くのは、見栄を張るよりはるかに辛い。逆に言うと、これに慣れてしまうと、人間としてなにか大切なものをなくしてしまうリスクもあるかもしれません。

 

取材、文:土原亜子

この記事が気に入ったらいいね!しよう

食楽webの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

食楽web

食楽web

食べ飲み歩きを愛する30〜50代の男女に向けた、美食と酒のウェブマガジン。食にまつわるトレンドがめまぐるしく変化する昨今、レストラン・レシピなどの最新情報を、タイムリーに発信中。編集部による徹底リサーチに...

食楽webのプロフィール&記事一覧
ページトップ