他の女性との情事を聞かれたら…色気男が女性を虜にする裏技とは?

人間関係

citrus 編集部

ただマジメに真正面から向き合っているだけでは、女性を虜にすることはできません。ちょっとした気遣いや会話の工夫で二人の関係に艶が生まれる、そんな意外なテクニックを恋愛の専門家が伝授します。

 

 

 

■「やさしいだけ」は、女性にナメられる

人気の高い「いい女」と言われる部類の女性、売れ時の年齢の女性は200%「やさしいだけ」の男を選ばない。暖簾に腕押し男に対し、旬な女性がその唇を近づけ、味わうことはまずない。万が一、交際に至ったとしても悲劇が待っている。その頼りなさがゆえに彼女の性格までゆがめてしまうのだ。

「男は女にやさしくあるべき」だと、認識している人は少なくないかもしれませんが、実は自信のなさの裏返しで「やさしくするしかない」のはNGなのだそうです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>【潮凪洋介のオトナ恋愛塾】間違った「やさしさ」は、女性を凶暴にし、暴走させる

 

 

             

■女性側の大胆な「性的描写」に変に照れるのはダメ

女性がつい言い放ってしまった大胆な性的描写。それにたじろがないことだ。これもまた、大人の男に必要な気遣いである。女性側がその手の話を「自分がリードしている」と感じてしまうと、我に返り、気恥ずかしさでどうしようもなくなってしまう。そうならないように、あなたがリードしている体(てい)にひっくり返す。

女性からセクシャルな話を持ち出してきたら、変に照れたり、スケベな目で見たりしてはダメ。自分の話をもちだして、リードする気持ちでかぶせるのが正解です。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>【潮凪洋介のオトナ恋愛塾】女性からの「セクシャル話」には「俺話」を上からかぶせる

 

 

 

 

■他の女性との情事を聞かれたら、オトナの男としての気遣いを

他の女性との情事を聞くことが、心地よく、そして自分の刺激にもなると考える女性がいる。女性同士は、男性と比べて、自由恋愛の情報を交換するケースが少ない。だから、他の情報を心底知りたいと思うそうだ。そういう女性には、もちろん話してあげればいい。そうは言っても、一般的に、女性には「さあ……、思い出せないね(笑)」とお茶を濁すほうがよいだろう。

「ほかの女性とはどうなの?」と聞かれてホイホイとモテ自慢をしてしまうのは大人の男として配慮に欠けます。ちょっとした気遣いが差をつけるようです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>【潮凪洋介のオトナ恋愛塾】「秘めたる情事」を聞きたがる女性の質問に答えてはいけない

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ