「信頼関係のある人」から侮辱されたい…【昏いものを抱えた人たち】

人間関係

ノンフィクションライター亀山早苗は、多くの「昏(くら)いものを抱えた人」に出会ってきた。自分では如何ともしがたい力に抗うため、世の中に折り合いをつけていくため彼らが選んだ行動とは……。
Mといっても、男性のそれは女性と違って、精神性を重んずるように見える。そして女性のように痛みを快感に変換するスイッチがあるわけではなく、ある種のチャレンジ精神で複雑なM性を満たそうとしている男性もいる。

 

 

とあるSM系バーで知り合ったヒデオさん(38歳)は、「Mだけど痛いのが好きなわけではない」と言う。彼はとにかく屈辱感を味わうと勃起してしまうのだ。だがもちろん、「信頼関係のある人から侮辱されたい」のであって、知らない人に侮辱されたいのではない。

 

 

■痛いのが好きなわけではない

 


彼が好むプレイは、尿道に医療用のガラス管を挿入すること。壮絶な痛みがあるらしい。ガラス管は針の先ほどの細さのものから、えっと驚く太さまでさまざまだ。彼は現在、ボールペンの芯くらいなら「余裕で入る」とか。


「痛いのはイヤなんです。だけど『こんなのも入らないの』と女王様に侮辱されたい。だからどんどんチャレンジしてしまう」


チャレンジして挫折するたび、女王様から罵声が飛ぶ。そうすると彼はこの上ない快感を覚えるのだ。挑戦していくMなのだろう。そしてMが常に主役でいたがるのは、女性も男性も同じ。彼もガラス管を入れられて悶絶している自分を見てもらうのが大好きだという。


「苦痛に悶えているときに冷たく笑ってほしいんですよね。一緒に痛い顔をしないでほしい。なかなかそういう細かい好みはわかってもらえないけど」


冷たく笑ってもらいたい。その複雑さを理解するのはむずかしい。

 

 

■犬として生きるうれしさ

 


もうひとり、自分でも持て余すような複雑な心理を話してくれたのは、シゲハルさん(42歳)だ。彼は「犬として叱られたい」という欲望がある。


店の入り口で、彼は下着姿になり、女王様に首輪とリードをつけられる。そして四つん這いで歩き回るのだ。


「本当は公道でこういうことをしたい。だけどそうはいきませんからね、そこが寂しいところです」


好きな女王様の犬になりたい。それが彼の心情だ。女王様は彼の気持ちをわかっている。ときどき、「どうして粗相をするの」とお尻を叩く。すると彼は舌を出してうれしそうにお座りをするのだ。


シゲハルさんは既婚者。一時期、妻にセックスのときぶってほしいとか、言葉で責めてほしいと頼んだこともあるが、うまくいかなかった。それ以来、妻とはセックスレス。


「そもそもセックスが好きなわけでもないので。僕はいたぶられたいだけ。本当は妻の犬になりたいけど、そんな願いは叶わない。だからここで欲求を満たしているんです」


妻にリードを引いてもらって、四つん這いで公道を歩く。確かにそんな夢は叶わないだろう。決してかなわない夢を追いかけているシゲハルさんがどこかせつなく見える。
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ノンフィクションライター

亀山早苗

明治大学文学部演劇学専攻卒業後(専攻は歌舞伎)、雑誌のフリーランスライターに。 ライター歴、もうじき30年。離婚歴1回の現在独身。長い間、男女関係に興味を持ち続け、さまざまな立場の男女に取材を重ねてきまし...

亀山早苗のプロフィール&記事一覧
ページトップ