サプリなんか必要ない!? 「ピーチ・ジョン」と聞いただけで“ソソられる”オジサンたち

ライフスタイル

 

BuzzFeed JAPANによると、下着会社の『ピーチ・ジョン』が取り扱う「ラブサプリ」の、同社が推奨していた「オススメの使用法」が世論の攻撃を受け、今後の販売を見合わせる状態に到っている……らしい。

 

問題となっているサプリの商品名は「ラブポーション」。昨年の11月7日から税別3000円で販売されていたそうで、自社の通販サイトには「情熱的な感情を呼び起こす。男女兼用セクシー&ファン&ラブサプリ」「ロマンティックな二人のムードをサポートする」……と商品説明がされていたという。平たく言ってしまえば「媚薬のようなもの」……ってとこだろう。

 

サプリの原材料も、ココア粉末やマカ粉末やムクナ粉末……と、(当然のことながら)怪しい麻薬系とかの成分は一切混入されておらず、「飲めば媚薬的効果も望めるかもしれませんよ」程度の、コレ自体はなんてこともない、単なる「キワモノグッズ」にすぎない。ところが、次のセールスコピーがいけなかった。

 

そのままでも飲み物やお料理に混ぜてもOK。彼にこっそり食べさせたり、カップルで使ってもよし。(ピーチ・ジョン通販サイトより)

 

Lesson1.表向き恥ずかしいと思うなら、お料理やお菓子に混ぜてこっそり色仕掛け。気づく? 気づかない? の駆け引きも楽しめそう。(ピーチ・ジョン通販サイトより)

 

飲み物や料理にこっそり混ぜるのがオススメ もうすぐクリスマス 「ラブサプリ」で勝負をかけてみてはいかがですか?(ピーチ・ジョン公式Twitterより)

 

ここの部分にネット住民が鋭く反応。「怖い」「同意もなく飲ませるのはダメ」「アレルギー持ちは命に関わる」「デートレイプ・ドラッグ(=性的暴行目的で意識を奪い、抵抗できない状態にするための睡眠薬などの薬物のこと)を彷彿させる」……ほか諸々、批判の声が殺到してしまったのだ。

 

たしかに「こっそり混ぜる」なんて提案を、よりによって販売元が堂々と記述するのは、さすがに「アウト」……だわな。しかし、それよりも興味深いのは、この手の案件が「男性ではなく、女性を(おもに)ターゲットとした商品から出てきた」という事実、いわば「#MeTooの男女平等化現象(?)」である。

 

ピーチ・ジョンといえば、男性のあいだでは密やかに「広告写真がヘタなアダルト雑誌よりソソる」と囁かれているほど「セクシー」を前面に打ち出している会社……だと私は解釈している。そんな「着ているとわかっただけで我々の萌えゴコロを20%も30%も50%もヒートさせるステキな下着を売っている会社が、「媚薬のような」サプリを開発せにゃならんまで、今の若い男子は性欲が減退しているのか!? 今の若い女子は、そのサプリに3000円(税別)の大枚をはたかねばならないくらい“相手に困っている”のか!? 

 

私ならば、仮にデートに誘った女性がピーチ・ジョンのロゴが入ったペーパーバッグを下げているのを確認できたら、それだけでもう「おお! この子は一見清楚そうに見えて、じつは大胆な下着を着ているのか!?」みたいにビンビンきてしまう。なにも怪しげなクスリ(…じゃなくてサプリ)なんぞに頼らなくとも、「ピーチ・ジョン」というネームバリューだけで、充分なプラセボ(=偽薬)」的効果が得られると思うのだが……と、こんな妄想に浸って一喜一憂できるのは……やっぱ、おっさんだけなんですかね?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ