グッズ爆増、新聞転売… 「嵐ショック」でメルカリがざわついている

ライフスタイル

 

国民的グループの嵐が、2020年12月31日をもって活動を休止すると電撃発表しました。すでに「嵐ロス」も起きているようです。

 

芸能人の活動休止・引退で記憶に新しいのは安室奈美恵さんでしょう。18年9月に引退してから、安室さんの関連商品がメルカリやヤフオク!で取引されていました。さて、今回はどうなるのでしょうか。

 

 

■メルカリで新聞が売れる

 

電撃発表から一夜明けた1月28日。

 

メルカリで「嵐」と検索したところ、出品物が多くなっている印象を受けました。ページをスクロールするたび、数分前に出品された物がどんどん出てきたのです。

 

今までのデータをとっておらず正確な比較はできませんが、1つのキーワードで短時間にこれだけの商品が出品されているのを私は見たことがありません。キーワード検索ではなく、トップページに上がっているかのようです。

 

高額の商品は見当たりません。現時点だと、嵐ファンはほとんどの関連商品をまだ持っているのだと思います。CDやDVDはもちろん、雑誌やコンサートで販売されるようなグッズ、企業とのコラボ商品(懸賞品)などなど……。

 

なので、活動休止までの間に売れるのは、5人が一緒に写っている物、しかも手に入りにくい商品になると思います。

 

たとえばチラシ。以前、嵐が日産のCMに出演した際のチラシには、なんと値段がついていました。300円~500円くらいだったと記憶しています。その理由は、チラシの内容が地域で違ったからだとか……。今後こういったことが起きるかもしれません。

 

個人的に「もしかしたら」思うのがJALです。空港や機内以外で手に入らないような物が出品される可能性も否定できません。

 

なお、ヤフオク!でも、27日から28日にかけて、2000以上の嵐グッズが落札されていました。目立つのが初回限定版のCDやDVD。やはり手に入りにくいため、人気が出てきているのだと思います。

 

あとは28日付けの新聞です。各紙、嵐の活動休止を一面で取り上げており、それをまとめたものが出品されていました。号外は出なかったため、翌日の新聞が取引されているようです。

 

嵐の活動休止を伝える新聞がメルカリに出品されている


■チケットの転売が心配

 

今後最も心配されるのは、チケットの転売です。以前より、嵐のコンサートチケットは高値で転売されることが問題視されていましたが、休止発表でチケットの価値がますます上がってしまうと思います。休止前最後のコンサートはプラチナチケットとなるのは必至。

 

メルカリでは、転売目的でチケットを出品するのは禁止されています。これはヤフオク!でも同じです。つまり販売価格が高すぎるチケットは出品できないのです。現状、メルカリでは高額チケットは売られていません。運営に即削除されているのでしょう。

 

一方ヤフオク!では、高額取引が行われています。ヤフオク!の場合、スタート価格が正規価格よりも安ければ、「転売目的で買った」と見なされないのでしょう。価格が上がったのはあくまでユーザーが競った結果で、出品者に転売の意思はない、と思われてしまうからです。

 

でも、今後コンサートチケットの価値が上がるのは誰でもわかること。運営側も監視の目を厳しくしていくのではないでしょうか。

 

 

■嵐メンバーはグッズの高額転売なんて望んでない

 

もちろん、活動休止後もグッズは取引されると思います。安室奈美恵さんの場合、引退後もヤフオク!で毎日のように関連グッズが落札されていました。嵐の場合、5人で活動していた頃のグッズは「手に入らない物」として価値が上がる可能性は高いと思います。

 

この先、フリマアプリやオークションサイトにはさまざまな嵐グッズが流れるでしょう。その中には高額な商品も含まれると思います。そういった高額転売はメルカリやヤフオク!では禁止されていますし、何より嵐のメンバーは望んでいないはず。これから2年間、嵐と共に走るのであれば、ファンとしての“正しい行動”が求められるように思います。


 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

フリマアプリ・ネットオークションの達人

川崎さちえ

ネットオークション暦14年。NHK「あさイチ」や日テレ「あのニュースで得する人損する人」などに出演し、経験に基づいた実践型のオークションの魅力を伝えている。最近はネットフリマにも挑戦し、独自のノウハウを構...

川崎さちえのプロフィール&記事一覧
ページトップ