しょうもなっ! とツッコミたくなる『名探偵コナン』のくだらなすぎる犯人の動機3選

エンタメ

後藤拓也

 

コミックスの全世界累計発行部数が2億3000万部を超えているという推理マンガ『名探偵コナン』。マンガを原作としたアニメも人気の国民的作品ですが、劇中に登場する犯人たちの動機には、「しょうもなっ!」とツッコミたくなるような動機もちらほら……。

 

 

■「待った」機能のために殺人

 

長い歴史を誇る『名探偵コナン』シリーズのなかでも、動機がくだらないことで、とりわけ有名なのが「残された声なき証言」に登場する犯人です。なんと、「将棋ゲームを製作している時に、『待った』の機能をつけることを提案された」という理由で、人を殺してしまったというのです。

 

有名なシステムエンジニアが殺されたこの事件、犯人と被害者は古い将棋仲間で、「いつか名人を倒せるような将棋ソフトを作ろう」と、酒を酌み交わしながら夢を語り合っていたのだとか。

 

ですが時が経ち、将棋ソフトを作るとなった際に、被害者となった男から「待ったは何回がいいと思う?」と提案され、あの頃の夢を捨てたと思った犯人は、凶行に及んでしまったそうです。…しょうもなっ!

 

 

■元カレの髪型を巡って殺人

 

「弁護士妃英理の証言」は、格闘家の男の遺体がゴミ置き場で発見され、近くで美容室を営む元恋人の美容師が疑われたものの、その女性にはアリバイがあり……という事件が題材のお話。

 

結局は、コナン君によってアリバイ工作とトリックが見破られてしまい、美容師が犯人であることが判明。刑事に連行されていくのですが、この犯人の動機がすごかった…。

 

その動機は、「元カレの髪形を別の女の趣味に合わせたくなかったから」というもの。別れても元カレの髪を切っていた犯人としては、他の者には髪を切らせたくなかったものの、新しい恋人が望む髪形にすることは、耐えられなかったとのこと。…しょうもなっ!

 

 

■オタクの解釈違いで殺人

 

「ホームズフリーク殺人事件」は、オタク同士の「解釈違い」が殺人のきっかけになってしまったという驚きのストーリーです。

 

ホームズオタクであった犯人が犯行に及んだのは、被害者が『アイリーン・アドラーの嘲笑』という本を出していたため。犯人としては、ホームズが認めた唯一の女性であるアイリーンが、ホームズを嘲笑うなんて考えられなかったそう。

 

すべてが明らかになった後に、犯人は「許せなかったんだ、絶対に」と、涙ながらに動機を語りましたが……。…しょうもなっ!

 

今回紹介した3エピソード、どれをとっても「そんなことで人を殺すのかよ」と思ってしまいますよね…。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

後藤拓也

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。1992年、東京都生まれ。生きている時間の大半はラジオを聴いている。将棋の対局を観戦したり、野球やサッカー、プロレスを見たり、人文書を読んだり...

後藤拓也のプロフィール&記事一覧
ページトップ