ジョークかホンネか? 「男が思う理想の女」像と、女からのカウンター

人間関係

 

とある(おそらく)男性による「男が思う理想の女」なる投稿に対し、「お前らがそうならこっちはこうだ」ってなわけで、女性側も放られてきた渾身のストレートを打ち返すかのごとく「女が思う理想の男」を投稿──そんな泥仕合の様相がただようスレッドを、ネットで話題の記事・動画・情報などをタイムリーにお届けすることを旨とする『BUZZ MEDIA』が紹介していた。

 

とりあえず、イラスト付きで“提起”されている「男が思う理想の女」と、どこかのイケメンの写真付きで“反撃”する「女が思う理想の男」とは、次のようなものである。

 

【男が思う理想の女】

「身長148cm」「体重38kg」「ボブヘアー」「童顔」「かまぼこ型のタレ目」「Gカップ(アンダー65)」「色白」「肌がキレイ」「濃いめのネイル」「ニーソックス」「ラーメン屋に連れてっても文句言わない」「他の女性とセックスしても嫌な顔一つしない」「自分は他の男に一切抱かれない」

 

【女が主理想の男】

「料理めっちゃ上手(家事大好き)」「家族が全員いい人(ムカつく奴1人もいない)」「身長185cm(脱いだらすごい細マッチョ)」「子犬顔のチョイS」「浮気及びそれに準ずる行為を絶対にしない(他の女には目もくれない)」「欲しいものは全部買ってくれる」「前戯丁寧(こちらがイクまでやる)」「毎回家まで送迎(車で)」「記念日は毎回手の込んだサプライズ」「私服のセンスが神」「年収1500万(ギャンブル風俗やらない)」……以下略。

 

「女性のほうが現実的」みたいな声もチラホラ見かけたが、まあ今回は「売り言葉に買い言葉」的な顛末でもあるため、女性側の意見はあまり参考にはならない。ただ、事の発端となっている「男が思う理想の女」には、単なる一男性投稿者の個人的な好みと片づけてしまえばそれまでなんだけれど、少々思うこともあった。

 

コレって……一見、ライトなジョーク風に書かれてはいるものの、けっこう“男の本音”が随所に見え隠れしている……気がする。ズバリ「昼は淑女。夜は娼婦」ってヤツである。同記事を見つけてきたcitrus編集長は「こうした男性心理は脳科学的に検証できるんでしょうかね?」と疑問を呈していたが、脳科学云々の次元ではなく、仮にこの投稿者が、まだ20代や30代前半の若い世代なんだったら、いまだ日本男児は「亭主関白」を良しとするメンタルに根強く支配され続けているということなんだろう。「身長148㎝→圧倒的な体力の優位性」「かまぼこ型のタレ目→ビジュアル的なおっかなさの緩和」「Gカップ→おっぱいで遊びたい=溢れんばかりの母性」「他の女性とセックスしても嫌な顔一つしない→俺は浮気はしない たぶんしないと思う しないんじゃないかな あ、ちょと覚悟はしておけ…系のさだまさし風発想」……なんて具合に、だ。

 

私は、#MeTooチックな運動って、昨日ここcitrusに寄稿した「公衆温泉で若い女性と混浴できたことを良い想い出とした男性客の話題とともに、女性蔑視とも受け取られる投稿」に集中爆撃をかけることより、男性の潜在下に潜む、こんな親の代から受け継がれている男尊女卑的な関係性を抜本的に払拭する作業に、もっと力を入れるべきだと考える。そういう意味で、「お前らがそうならこっちはこうだ」と対抗する、微笑ましくもピリッと皮肉が効いた“倍返し”は、地道な“啓蒙”としてなかなかに悪くない手段なのではなかろうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ