赤ちゃんのために存在しているわけじゃない…。妊産婦の自殺防止に必要なこと

話題

清水なほみ

 

自殺で亡くなった妊産婦が東京23区で2005~2014年の10年間で計63人に上ることが、東京都監察医務院などの調査で分かったと発表されました。

 

出産数に占める自殺による死亡の割合は10万人あたり8.5人となりますから、出血などによる妊産婦死亡率の約2倍になります。元々「マタニティーブルー」という言葉があるくらい、妊娠中や産後は情緒不安定になったり気分が落ち込みやすくなったりするのですが、その状態がさらに深刻になると「産後うつ」という状態になります。一般の人がうつ病になるリスクが6.5%程度なのに対して、産後は約10%ですから、決して「他人事」ではない割合なのです。

 

妊娠中や産後に精神的に不安定になりやすいのは、ホルモンの急激な変化のせいだと言われていますが、原因はホルモンのせいだけではありません。初めての妊娠だと次々に現れる体調の変化に常に不安を感じたり、体調不良が続くせいで気分的に滅入ってしまうこともあります。私も、2回の妊娠・出産を経験しましたが、2回ともつわりと切迫早産の症状、常に不安定な毎日を過ごしていました。専門的な知識がある自分ですら、ちょっとしたことで不安になるのですから、何も知らない一般の女性ならなおさらその不安は大きくなると思います。

 

産後は出産によるダメージが回復しないまま、24時間体制で赤ちゃんのお世話をしなければいけません。出産は全治8カ月程度の大けがと同じだと言われていますが、困ったことに、はたから見るとそれほどのダメージを受けているように見えないのです。そのため、ダメージを負った体を引きずるように赤ちゃんのお世話をしていても、周りがその大変さに気づきにくいという問題があります。本人も周りも、「産後の心と体に何が起きているのか」を理解しないまま、産後の女性への心身の負担は大きくなっていくことこそが、産後うつや自殺のリスクとなっているのではないでしょうか。

 

産後うつは、育児放棄にもつながりますから、虐待のリスクにもなります。虐待死の半数近くが0歳児というデータが、産後すぐのお母さんのサポートがいかに大切かを表しています。妊娠中から産後のケアをしっかり行うことは、お母さん本人だけでなく、新しく生まれてきた命も守ることになるのです。

 

一口に「サポート」といっても、誰がいつどのように何をするのかが具体的に見えにくいのではないでしょうか。一番サポート役に回ってほしいのは、「夫」です。ですが、実際は仕事が忙しくてほとんど家にいなかったり、「男が関わってもできることがない」といって逃げてしまったり、手伝う気はあっても分かっていなさ過ぎて返って妻の邪魔をしてしまったり、赤ちゃんに妻を奪われた気分になって「大きな子ども」になってしまったり……サポート役には程遠い存在であることは少なくありません。産後クライシスが起きやすいのも、夫の「わかってなさすぎ」の状態が放置されてしまっているからです。

 

よく、産後の夫の存在を「やる気だけはある新人学生バイト」だと例えられますが、多くのケースで、悪気はなくても役に立っていないのです。産後の余裕がない状態の妻が、「新人学生バイト」を「使えるバイト」まで育てることはできません。ですから、「夫の教育」を事前に、またはリアルタイムで行う存在が必要です。夫の教育係に自分たちの「親」が一役買ってくれれば助かりますが、昔と今では子育てのルールも常識も異なっていますから、実はあまり期待はできません。

 

つまり、行政など中間的立場の専門知識がある人が、「夫」をきちんとサポート役として育てる必要があるのです。その上で、物理的に夫のサポートが期待できないケースに対して、保健師の訪問などの介入をしていくことが求められていると思います。

 

自殺のニュースを見て「辛くなる前に相談したらいいのに」と思うかもしれません。でも、産後に赤ちゃんと2人きりで家に閉じこもっているお母さんが、自ら専門家に助けを求める力があるかを少し考えてみましょう。本人が言えない声を周りが拾ってあげることが、二つの命を守ることにつながるのだと思います。人気漫画『コウノドリ』に登場する助産師さんのセリフに、こんなひと事があります。

 

「赤ちゃんのためにお母さんはいるんじゃない。お母さんがいるから赤ちゃんがいるんだよ」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

清水なほみ

女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。女性医療の先駆者の下、最先端の性差医療を学び、「全ての女性...

清水なほみのプロフィール&記事一覧
ページトップ