「腰痛」が治らない最大の理由は「気持ち」や「考え方」のせいだった…!?

ヘルス・ビューティー

 

腰痛については、姿勢や筋肉の強さだけでなく、むしろ「考え方」や「気持ち」の問題がもたらす影響が最新の研究から明らかになってきました。

 

これについては多くの研究結果が発表されていて、腰痛治療の先進国であるオーストラリアや欧米では常識になりつつあります。しかしながら日本では「腰痛と気持ちが関係している」と言えば、ちょっと怪しいイメージを持たれてしまうかもしれません。

 

腰痛と気持ちが関係している例を一つ挙げましょう。

 

腰痛を発症すると「腰を動かすのが怖い」と思ったことはありませんか? その「動かすのが怖い」という気持ちが、腰痛をさらに悪化させたり、治りづらい状態をもたらすのです。

 

腰痛を発症し、痛みを感じます。その際に、痛みに対して悲観的な気持ちを持ってしまうと、痛みに対する不安感や恐怖感が増します。それによって「腰を動かしたくないな」などという過度な警戒心が生まれ、活動範囲を極端に狭めてしまいます(例えば、今まで毎日30分の散歩をしていたのに痛みが再発したら怖いのでやめてしまう)。それがさらに身体を弱くしたり、後ろ向きな気持ちにつながり、また腰を痛くしてしまう……。

                           

これは「恐怖回避思考」と呼ばれており、世界的に広く採用されている考え方です。それでは、この思考を断ち切るにはどうしたら良いのか。

 

腰痛になったときに「腰痛なんて風邪をひいたみたいなもんだ、数日したらすぐ治るさ」と前向きの気持ちを持つことです。みなさんは風邪をひいた時に「ああ、このまま一生風邪をひいたままだ、もう何も運動できない」などと思うことはないでしょう? 実際に数日経てばしっかり治り、何事もなかったように生活していると思います。

 

腰痛も基本的には同じことなのですが、なぜか「ずっと腰が痛い」と思ってしまう人が多いものです。ほとんど腰痛は数日たてば改善してきますから、前向きな気持ちを持って腰痛と向き合いましょう。

 

※ここで言う腰痛は「下肢のしびれや筋力低下がない腰痛」です。下肢の症状が出ている人は、必ず整形外科で医師の診察を受けましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

理学療法士

三木貴弘

理学療法士の国家資格を取得後、オーストラリアの大学に留学。 帰国後は、オーストラリアで学んだことを生かすべく国内で理学療法士として活動。専門分野での学会発表、論文執筆、書籍執筆と並行し、雑誌やWeb媒体な...

三木貴弘のプロフィール&記事一覧
ページトップ