華原朋美(44)の妊娠騒動。アッコさん、シングルマザーってそんなにダメですか?【岡野あつこの断固反論!】

人間関係

ネットやテレビで毎日のように有名人の結婚、離婚、不倫ネタが流れています。「なるほど」という論調もあれば「ちょっと違うでしょ」といった報道もありますよね。この「ちょっと違うでしょ」的な報道・世論に対して、結婚離婚カウンセラーの岡野あつこがモノ申していくこのコーナー。30年近く、3万5000件もの男女の色恋を目撃してきた岡野あつこの「反論」だけに、ちょっとやそっとじゃ太刀打ちできない!?

 


「外資系企業に勤める方で、結婚していないけどお子さんが……。ふーん。分からんな」――和田アキ子さん

 

歌手の華原朋美さん(44)が妊娠6ヶ月であることを発表。報道によると、お相手は外資系企業の会社員だとか。入籍について触れていないことから「シングルマザーになるのか?」という噂も流れているなか、歌手の和田アキ子さんは自身のラジオ番組で、華原さんがシングルマザーになるかもしれない件について「結婚していないけどお子さんが……ふーん。分からんな」とコメントしたというが……。

 

 

 

Vol.02  44歳のシングルマザーは幸せになれない?

 

まずは華原さんの潔い決断にアッパレ! というのも、華原さんサイドは、お相手が「昨年知り合った外資系企業にお勤めの一般男性」などと詳細に言及しているにもかかわらず、結婚するかどうかについては明かしていません。そのうえで出産を発表したということは、「なにがなんでも出産します!」という覚悟と同時に、「今からでも入籍はできるはずよ」という男性に勝負する心意気が感じられるからです。44歳でシングルマザーになるという覚悟と勇気を持った華原さんには、幸せになってもらいたいですね。


そもそも今の時代、「結婚=幸せ」「出産=幸せ」とは限りません。結婚していても、毎日が満たされていない人もいれば、子育て中でも離婚のトラブルを抱えている人も少なくありません。とくに女性の場合、戸籍上は「夫」という肩書きを持ったパートナーがいても、実際にはほぼワンオペで家事や育児をしている妻も多いからです。


「経済的な問題がクリアになれば夫と別れたい」と考えている既婚女性が増えているのも事実。自分自身が経済的に自立していたり、父親となる男性から生活費や養育費を十分もらえたりするなら、ストレスのない生活を送ることができるケースも多いでしょう。


ワーキングマザーが一般的になり、経済力を持つ女性も増えた今、今回の和田さんの発言のような「結婚していないけど、お子さんが……」というシングルマザーに対する心配事は、昔ほどなくなってきているといえます。


むしろ子どもにとって問題になるのは、シングルマザーとなる女性の「マインド」の部分。責任感や罪悪感でいっぱいの母親よりも、「ママはパパのことを愛していたから後悔はないわ」「ママとパパが愛し合った結果、あなたに出会うことができたのよ」と堂々と伝えることのできる母親でいることが、子どもにとっては幸せを感じるものなのです。


出産に年齢的なリミットのある女性だからこそ、44歳で(今のところ)シングルマザーとして生きていく選択をした華原さんには、胸を張ってハッピーなシングルマザーとしてこれからも活躍してほしいですね。

 

岡野あつこの反論
「『結婚=幸せ』とは限らない。ハッピーと思える選択が大事よ!」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

結婚離婚カウンセラー

岡野 あつこ

All About「離婚」ガイド。TVのコメンテーター、雑誌取材も多く結婚離婚相談実績は27年3万件以上。岡野あつこのライフアップスクールも現在迄に2000人以上の門下生を創出する名門となっている。夫婦問題の悩みを解...

岡野 あつこのプロフィール&記事一覧
ページトップ