子どもが「将来YouTuberになりたい」と言ったらどうすべきか?

話題

 

何はともあれ、ネットの歩き方を家族で考えてほしい。

 

ORICON STYLEに、「YouTuber”は何故子ども達の"将来の夢"になったのか?」と題した記事が掲載されています。

 

それによると……。

 

大阪府内のある小学校が「4年生男子の将来の夢」を調査した結果、第1位には不動の“サッカー選手”、2位に定番の“医者”、そして3位に“YouTuber(ユーチューバー)”がランクインしたことで大きな話題になっている

 

のだそうです。

 

最近は、子どもに人気の“YouTuber”もいるとか。実際、私が担任していたクラスの子ども達も、「この動画、探してみようか?」とか、「こんな動画をアップしたいよね」というような会話をしていたことを思い出しました。

 

ORICONの記事にも触れられていましたが、私としても、「好きなこと」を大事にして、「楽しいこと」に挑戦していくことは、いいことだと思います。なのに、心の中に、「う~ん……」と、すっきりしないものが残るのは、なぜなのでしょう……。

 

何だか、怪しいから? まあ、そうかな……。が、私のように、現役教師でありながら、自分のライフワークとして、情報発信を続けているのも、同じと言えば、同じです。私自身はYouTubeでの動画配信をしたことはありませんが、音声メッセージを録音して、毎週、日曜日に配信しています。影響力、という点では、動画であるYouTubeの方が、はるかにあるでしょう。どうせやるなら動画だって。

 

でも、なぜ、私がしないのか。それは、まず、やり方がよくわからないのと、何かしら根拠のない不安があるから、というのが正直なところです。顔も出し、実名も出し、職業も出し、勤務先も出して、本を出し、ブログ記事も出している私。なのに、YouTubeはできない。

 

そこには、大した意味も、根拠も無さそうです。そう考えると、子ども達が動画の配信だからといって、これと言った「意識」をしないことは、「良いこと」と捉えてもいいように思います。ただ、私としては、うっかり映り込んだ、ちょっとした名前や場所などをきっかけに、トラブルが起きたり、誰かに迷惑をかけてしまったりすることについて、ご家庭でしっかり考え、対応をすることは必要だと思います。

 

ネットがらみのことは、YouTubeに限らず、「もう、私にはわからないから、子どもに任せよ」というのは、大いに危険があります。学校でネットリテラシーについて学ぶようになった頃は、よく、こういう表現がなされていました。

 

「インターネットは、新宿の歌舞伎町と同じ。大人が何のケアもなく、子どもを一人で、歌舞伎町に行かせよう、という方は、いませんよね?」

 

「はい……わかっています。でも、どこまでチェックしていいのか、管理していいのか……」

 

そうですよね。私も同感です。そういう時は、もう直感です。お子さんの作った動画なり、書き込みなりを見て、読んで、

 

「私は嫌だ」

 

と感じたら、率直に、そう伝えてみましょう。そして、例えば、「高校を卒業して、自分でアルバイトをして、通信料を自分で払うようになってから、自由にしてね」などという対応もありますね。YouTuberだの、稼ぎがあるだのないだの、そういうことよりも、この記事をきっかけに、ネット上の言動について、考えてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

私立小学校校長

青木洋介

1976年生まれ、都内私立小学校校長。 2013年「むさしの学園小学校の母親を変える教室」出版。 低学年から高学年までの担任を経験する中で、子どもが安心して活躍するためには、まず、母親がイキイキしていることが大...

青木洋介のプロフィール&記事一覧
ページトップ