合コンで嫌われる酒豪女子の行動と店選びのポイント

人間関係

 

「女性向けの恋愛参考書」を謳うネットサイト『オトメスゴレン』が、『合コンで男性をドン引きさせる「酒豪すぎる女子」の行動9パターン』なるタイトルのコラムを配信していた。

 

何度合コンしても、彼氏ができる気配がない…。もしかしたら、その原因はあなたの「お酒の飲み方」にあるのかもしれません。

 

……といった推測を冒頭とし、9つの「男性がドン引きする」……らしい、女子の豪快な(お酒の)飲みっぷりが紹介されている。とりあえず、その「9つ」とは以下のとおりである。

 

(1) 乾杯するや否や、一気呵成にグラスを空ける

(2) 「とりあえず乾杯!」で、ひとりだけ日本酒をオーダーする

(3) 人目を気にせず「酎ハイ、焼酎濃いめで」と頼む

(4) とっくりを手元に引き寄せ、手酌で淡々と飲み続ける

(5) グラスの中身がなくなる前に、次の酒を注文する

(6) 「10度以下は酒じゃない」と言わんばかりに、強い酒をグビグビ空ける

(7) 男性陣に一気飲み勝負を挑んで、しかも勝つ!

(8) 「私の酒が飲めないの?」と、しつこく絡む

(9) もうフラフラなのに、制止を振り切り痛飲する

 

さて、いかがだろう。まずは男性諸君に聞いてみたい。貴男はこういう「酒豪女子」と合コンで出会ったら、本当にドン引きしてしまいますか? 私は正直なところ、全然ドン引きしない。たしかに(7)(8)(9)は嫌だけど……。一気飲みを強いてきたり、「私の酒が飲めないの?」と絡んできたり、フラフラになっても痛飲したりするのは、単に酒癖が悪いだけ。このように「酒に飲まれる人」のことを、普通「酒豪」とは呼びませんから。

 

だが、(1)〜(6)の「真の酒豪」は、むしろ「頼もしい」「合コンでもぶりっこ(←死語?)しない天真爛漫な子」「こんなタイプの子と二人っきりで飲みに行ったら楽しそう」……と、個人的には好感度がぐんとアップする。試しに、これらを「女子」ではなく「男子」に置き換えてみればいい。少なくとも上からの6つは「見ていて気持ちがイイ」などと評され、女性側からすれば致命的なマイナスポイントにもならないのではないか。「男ならいいけど女はダメ」なんて言動は、このご時世において、もはやほとんど存在しないのだ。ハッシュタグミートゥー!

 

嫌煙家vs愛煙家のバトルが「嫌煙家の勝利」でようやく終焉を迎えようとしている昨今、よりいっそうの加速度を増す“健康志向”の風潮は、あきらかに「酒」を次のターゲットに見据えている気配をヒシヒシと感じる。男女問わず、とくに若い世代は「お酒はたしなむ程度」なヒトが好かれやすい傾向が年々強くなってきている。

 

しかし、いっぽうで「きちんと自分の適量を認識したうえで、ワインなり日本酒なり焼酎なり……を趣味として突き詰める」ヒトだって老若男女問わず、微増しているのもまた事実──したがって、これからの合コンや婚活パーティーは、酒を男女のコミュニケーションの潤滑油的な役割だけにとどめることなく、食事に並ぶれっきとしたメニューとして提供してくれるお店で開催すべきなのではなかろうか。とどのつまりが、ソフトドリンクも含む飲み物のラインナップにもこだわりを持っているお店をチョイスしましょう……ってことなのだ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ