「フルーチェ」のルーツは「ククレカレー」だった? ロングセラー商品に隠された意外なヒミツ

ライフスタイル

後藤拓也

■そもそも「フルーチェ」ってどういう意味?

 

「親子や、子ども一人で安心して作って楽しめるデザートを」という思いから、開発されたというデザート「フルーチェ」。この商品名を聞いたことのない人は、ほとんどいないと思いますが、では、その由来をご存じでしょうか。

 

実はこれ、“フルーツ”と“ドルチェ” を組み合わせて作られた合成語。ちなみに“ドルチェ”とは、イタリア語で「甘い」などの意味を持ち、お菓子やデザート類を表す言葉です。

 

 

■どうして「フルーチェ」は固まるの?

 

「フルーチェ」は、袋の中身をボウルに入れて、そこに牛乳を加え、スプーンで混ぜている内に、プルプルとした触感になるのが特徴ですよね。固まった「フルーチェ」を、冷蔵庫で冷やせば、美味しいデザートが簡単に出来上がります。

 

なぜ、混ぜるだけで固まるのでしょうか。それは、フルーチェに入っている食物繊維の一部・ペクチンと、牛乳の中にあるカルシウムが反応するから。なので、カルシウムを含まない牛乳以外の液体を混ぜても、あのとろっとした状態にはならないそうです。

 

この不思議な仕組みについて、夏休みの自由研究として調べる子どもは多いようで、ハウス食品は数多くの問い合わせを受けていたのだとか。なので、現在では商品パッケージの裏面に、「フルーチェ」が固まる秘密を詳しく記載するようにしたそうです。

 

 

■「フルーチェ」のルーツがカレーってどういうこと?

 

さて、タイトルにある“カレーがルーツ”というのはどういうことなのでしょうか。ヒントは、ハウス食品の商品ラインナップにあります。

 

「フルーチェ」が販売され始めた1976年当時、レトルトの商品自体が少なく、目新しい印象を与えたとのこと。ですがハウス食品は、それよりも前に「ククレカレー」というレトルト商品を出していました。

 

保存のきく食料品の主流が缶詰だった時代としては、かなり斬新な“レトルト”という形態を用いて「ククレカレー」は作られました。その後に、レトルト殺菌ほどの高温ではないものの、保存料なしで長期保存できる殺菌技術を使い、レトルト商品として開発されたのが「フルーチェ」。なので「ククレカレー」が、「フルーチェ」の祖先といっても過言ではないのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

後藤拓也

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。1992年、東京都生まれ。生きている時間の大半はラジオを聴いている。将棋の対局を観戦したり、野球やサッカー、プロレスを見たり、人文書を読んだり...

後藤拓也のプロフィール&記事一覧
ページトップ