「今日も雨かイヤだな…」と思ったら読んでほしい。雨の日を快適に過ごすコツ

ライフハック

citrus 編集部

雨が降りそうなジメジメした空気が続いたり、朝から雨が降っていたり……ついつい憂鬱な気持ちになりがちです。しかし同じ一日ならポジティブに過ごしたいところ。雨の日と上手に付き合うコツについてご紹介します。

 

 

 

■うっかり雨に降られないために「雨のサイン」を数字で見極め

「降水確率っていったい何のことですか?」と定義を聞かれたときに、みなさんは何と答えますか?

 

「明日の降水確率が50%といわれたら、明日1日のうち12時間程度は雨が降る」

「降水確率80%は50%のときよりも強い雨が降る」

「東京都で降水確率50%と予報されたとき、東京都の半分のエリアで雨が降る」

 

こう考える人も多いのではないでしょうか。しかし、上記の答えは、すべて不正解です。

降水確率を見て、傘を持たずに出かけたら雨に降られた…なんてことはありませんか。ここでは気象予報士が降水確率の見方を伝授します。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>気象予報士は何%の降水確率で傘を持つ? 数字に隠れた「雨のサイン」

 

 

 

 

■「たった5分間」だけ過ごし方を変えるだけで体調が変わる

雨が降ると、自然と副交感神経が優位になる。すると、普段攻撃的な人も比較的穏やかになり、他者を受け入れる余裕が生まれやすくなる。ということは、難攻不落な相手を説得したり、企画を提案したり、新しい営業先を見つけるのに、雨の日はぴったりということだ。

雨の日にこそぴったりな仕事もあるということ。さらには、梅雨の時期の不調を除く食べ物やかばんに入れておくべきモノについてもご紹介します。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>「今日は雨か…」 じめじめ、むしむしする雨の日を快適に過ごす科学的メソッド

 

 

 

 

 

■雨の日、月曜日にどんより気分になる人は…

まず、雨の日と月曜日にブルーな気分を感じたら、「そういうもの」と受け止めましょう。自然に湧き出す気分を変えることはできません。「今日は雨の日(月曜日)だから、気分が上がらないな。ま、そういうものさ」と考えて、それ以上、ブルーな気分を煽らないようにすることです。

朝カーテンを開けてどしゃぶりの雨が降っていたら、「雨かー。ついてないな」と思ってはダメ。ではどう切り替えるのが正解なのでしょうか。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>「雨の日」「月曜日」と上手に付き合える人が常に意識していること

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ