単なる「梱包材の再利用」じゃない? エコパックを作ったメルカリの本当の狙いとは

ライフスタイル

■数百回再利用できる梱包材

 

私はメルカリで物を売ることがけっこうあって、梱包材は常備しています。といってもごく普通のもらった紙袋やビニール袋ですが、これが立派な梱包材になるのが個人間取引の素晴らしさといえます。でも、その梱包材は送られてきた方からすればゴミとなり、捨てることに罪悪感とかもったいないという気持ちが芽生えるのは私だけではないようです。そんなユーザーの声に応えるべく、メルカリが数百回使えるエコパックをつくりました。

 

 

実際にエコパックを手にしてみて、若干クッション性があって意外と厚みがあるなと感じました。ただ、ネコポスとゆうパケットに対応できるサイズになっていて、エアクッションに包むことを考えるとこの厚みも納得です。しかも、無駄な梱包材を使う必要がなく商品をそのまま入れることができるのは魅力です。もちろん防水性が高く、水に濡れても平気でした。

 

 

 

■ファスナーが開けられてしまうのでは?

 

エコパックに本を入れてファスナーをしめたときに思ったのは、「このままでは開けられてしまうのでは?」ということでした。特にストッパーが附属されているわけでもなく、金具もついていません。これに関しては、不安なようであれば出品者が結束バンドやテープなどで留めることになります。

 

■コンビニや郵便局で販売してほしい

 

今のところ、エコパックは販売されていませんが、将来的にはコンビニや郵便局で買えるようになるといいなと思っています。ただ、あまりにもたくさん流通すると使い回しができるエコパックの意味がなくなってしまうので、ある程度の制限は必要かもしれません。それと現在はネコポスやゆうパケットだけに対応していますが、宅急便やゆうパック用もできると便利だと感じます。

 

■リユースの足がかりになるエコパック

 

エコパックは何度も繰り返し使えるのがウリのひとつですが、購入ばかりしている人の場合は使うタイミングがありません。そのためエコパックがたまってしまい、エコパック本来の目的が果たせないのではないか?と思いました。でも、購入専門のユーザーも、エコパックをきっかけにして出品しようと思うかもしれません。もちろん、梱包材さえも捨てるのが惜しいというユーザーの気持ちを汲んだアイテムではありますが、メルカリの文化を広めたりリユースに対する考え方や行動を起させるという意味でも、エコパックは一役買いそうです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

フリマアプリ・ネットオークションの達人

川崎さちえ

ネットオークション暦14年。NHK「あさイチ」や日テレ「あのニュースで得する人損する人」などに出演し、経験に基づいた実践型のオークションの魅力を伝えている。最近はネットフリマにも挑戦し、独自のノウハウを構...

川崎さちえのプロフィール&記事一覧
ページトップ