「クロネコやるじゃん」「優しい」 ネコポスから感じた「ヤマト運輸の2ミリの優しさ」とは?

ライフスタイル

 

フリマやネットオークションでよく使われる発送方法にヤマト運輸のネコポスがあります。A4サイズ以内の書籍や薄手の衣類なら対応でき、料金も195円とかなりお得。ただ1つ弱点があって、それが厚みです。ネコポスの場合、厚みは2.5センチ。もちろん梱包した後の荷物の厚みです。私は厚みをはかる定規を持っているので確認しますが、時々「これは難しいか…」と梱包し直すこともあるほど。でも、私が持っている定規とヤマト運輸が使っている定規にはちょっとした違いがあって、ヤマト運輸の方が2ミリほど厚みに余裕があります。つまり、本来であれば2.5センチですが、2.7センチになっているのです。

 

 

たった2ミリ?と思うかもしれませんが、この2ミリはけっこう重要です。場合によっては梱包材を変える必要が出てきますし、クッション材を入れるかどうかの違いにもなるのです。サイズオーバーすると荷物が戻ってくるだけではなくて、料金が高い配送方法に切り替えなければなりません。もちろん、明らかにサイズがオーバーしている荷物はダメですが、送る側の手間や料金のことも含め、この2ミリはヤマトさんの優しさなのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

フリマアプリ・ネットオークションの達人

川崎さちえ

ネットオークション暦14年。NHK「あさイチ」や日テレ「あのニュースで得する人損する人」などに出演し、経験に基づいた実践型のオークションの魅力を伝えている。最近はネットフリマにも挑戦し、独自のノウハウを構...

川崎さちえのプロフィール&記事一覧
ページトップ