ファーストクラスの客は、エコノミークラスの客を見たとたん高慢になる

人間関係

 

私自身は直接遭遇した経験がありませんが、飛行機内での暴言や暴力、マナーに反する行為をときどき耳にします。

 

これはアメリカ科学アカデミーの研究ですが、旅客機の乗客が争ったり暴れたりするような騒ぎを引き起こす一因に、ファーストクラスの存在にあるかもしれないという結果が発表されたそうです。

 

それによると、ファーストクラスがある旅客機では、エコノミークラスの乗客が騒ぎを起こす確率は、ファーストクラスがない旅客機の3.84倍に上ることのだそうです。また、搭乗する際にファーストクラスの区画を抜けてエコノミークラス区画に入った乗客が騒ぎを起こす確率は、直接エコノミークラスに入った場合の2.18倍だったとのことで、この論文をまとめた大学教授は、「人は貧しさや不平等を感じると、行動に出る傾向が強まる」と解説しています。

 

さらに、騒ぎを起こすのはエコノミークラスの乗客だけでなく、全乗客がファーストクラス区画を通って搭乗する場合と、それぞれのクラスが別の入り口になっている場合を比べると、ファーストクラスの乗客が騒ぎを起こす確率がほぼ12倍になることのだそうです。「社会的に高い地位にある人が自分の地位を意識すると、反社交的で高慢な態度になり、思いやりが薄れる傾向がある」ということです。

 

この調査結果は、あくまで一つの見解ではありますが、私が今まで経験してきた中で、これを会社組織に当てはめて考えてみると、思い当たるようなことがいくつかあります。

 

私が実際に知るのはほんの数人ですが、昇格して肩書がついたとたんに態度が横柄になり、言葉遣いが変わり、一方的で強引な要求が増えたというような人がいました。「自分を敬え」というようなことを露骨に言ってくる人もいました。調査結果にある「自分の地位を意識すると高慢な態度になり、思いやりが薄れる傾向がある」ということに近いと感じます。

 

また、社内で競争意識を植え付けようと、上下の給与格差を広げ、その金額をすべて公開した会社がありました。しかし、その結果として、健全な競争はほぼ生まれず、ただ不満とねたみが増幅しただけでした。ある日突然怒りを爆発させたり、何の前触れもなく辞めてしまったりする例が出てくるようになりました。

 

建前としてはルールに基づいた格差なので、表立って不満は言いづらく、しかし実際には要所要所で不公平を感じることがあり、そういう不満が積もり積もって爆発してしまうという感じだったのだと思います。「不平等を感じると、行動に出る傾向が強まる」という調査結果と似た感じを受けます。

 

かつての成果主義がうまくいかなかったこととも共通しますが、格差を見せつけることでは、勝ち組、負け組のどちら側にいても、結局はお互いの思いやりを欠き、相手に対する不満やねたみの感情を持ち、結果として対立を生むだけで、人のモチベーションにはつながらないということです。

 

格差を完全になくすことはできませんし、全員にとって完全にフェアな環境ということもあり得ません。ただ、これらの適切な落としどころを考えていかなければ、人の意識は前向きにはならないということです。たぶん正解はありませんが、組織作りの上では、これからもずっと考え続け、試行錯誤を続けていくことが必要なのだろうと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ユニティ・サポート小笠原隆夫

ユニティ・サポート小笠原隆夫

IT業界出身で現場のシステムエンジニアの経験も持つ人事コンサルタントです。 人事課題を抱え、社内ノウハウだけでは不足してその解決が難しい企業、100名以下から1000名超の企業まで幅広く、人事制度構築、...

ユニティ・サポート小笠原隆夫のプロフィール
ページトップ