「じゃあ、どこに行けばいいんだ…」 初デートで高級フレンチはナシ? アラフィフ男が失敗を経てたどり着いた結論は…

人間関係

 

「次世代の働き方を発信するキャリア系ニュースサイト」を目指す『キャリコネニュース』が、「初デートでフルコースのフレンチはアリかナシか?」について、女子の本音を論じる主旨の記事を配信していた。

 

事の発端は7月2日、『ガールズちゃんねる』に立った「初デートでフルコースだった」なるタイトルのスレッド。スレ主は先日、

 

まだ付き合っていない男性との初デートで、誕生日でも何でもないのに、いきなり高そうな店に連れて行かれ、フレンチのフルコースを振る舞われた

……のだそう。男性の年収は「私とさほど変わらないはずで、年収400万円くらい」だと推測され、「飛び抜けて高収入でもないのに、そのお店のチョイスはどうなのよ?」とスレ主は、ついつい困惑してしまったという。

 

コメント欄には、

 

初デートで安い店連れていかれるよりは良いと思う」

 

「気合い入れて奮発してくれたんじゃん。ありがたくいただいて、お付き合いするかどうかはゆっくり考えればいい」

……など、ポジティブな意見も散見できたが、いっぽうで、

 

 

「相手の喜びより、そうしている自分が好きなタイプじゃないことを祈ります」

 

「女慣れしてなくて初デートはそれぐらいやるのが普通と思っちゃったのか」

 

「あまり恋愛経験ない男性なのかな。行くにしても教えてほしいわ、綺麗めな服装しなきゃだし」

 

……ほか、その「いきなりフレンチ(※←今、ちまたで流行りの“店名”ではない)男子」のバランス感覚に疑問を呈する声も多かった……らしい。

 

たしかに、比較的年輩の美魔女系のお姉サマだとか、どこに本当は生息しているのかイマイチ実態がつかめないミ○ト区女子だとか、初デートにおけるお店の高級指数で“男の甲斐性”を即断しそうな女子は、おそらく一部実在する……に違いない。が、大半の女性は、ただでさえ肩に力が入ってしまいがちな初デートで、余計な緊張をより強いるたぐいのお店は……さすがに敬遠してしまうのではないか? やはり「お洒落にもカジュアルにも、どっちにも転べるお店」が、しょっぱなは無難なのではなかろうか? むしろ女性は、まだ素性のわからない男性の“ヒトとしてのセンス”を、お店のチョイスからもジャッジするのである。

 

もちろん、だからといって狙いすぎでもダメ。一度、私は15年ほど前、上から下までブランドの洋服でキメて、サプライズの演出を……と、池袋の立ち飲み系焼きとん屋を初デートのお店としてチョイスしたことがあるのだけれど、そのときはハッキリ「せっかくデートだから可愛い服着てきたのに…」と捨て台詞を浴びせられ、21時前には帰られてしまったことがある。まだ若かりしころの未熟さがただよう、ホロ苦い経験であった。

 

では、そんな数々の失態(※「数々」もあるんかいw)から、私なりに消去法で導き出した“初デートに適したお店”の条件を箇条書きにしてみよう。

 

・  できれば和食より洋食(高級レストランではなくビストロ・トラットリア・バル)

 

・  コース料理ではなくアラカルト(メニュー選びからもセンスが問われる)

 

・  寿司・焼肉・天ぷらは“玄人臭”がやや強いのでNG

 

・  食べログなどで検索した初見のお店もNG(自分の目で一度確かめてみることが大事)

 

・  総予算は(二人で)15000円程度(高すぎず安すぎず)

 

あと、これらに「人気店で予約困難だった」というわかりやすい“フレコミ”があれば、なおベター……かもしれない。ん? じゃあ、お店の具体名を教えてください……って? それぐらいは自分で探しましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ