手つなぎ自殺した女子中学生が、大人たちに突きつけたメッセージ

話題

福田由紀子

 

ゴールデンウィーク明け、東京品川区で二人の女子中学生が手をつないで電車に飛び込み、命を落とすという痛ましいニュースが流れました。

 

二人はともに13歳、中学2年生。演劇部に所属する親友同士で、二人のかばんからは「人間関係の悩みがある」「死にたい」といったメモが見つかったと報道されていました。

 

近年、子どもたちの自殺件数は増え続けており、世界的に見ると「異常」な事態となっています。また、長期休暇後に自ら命を絶つケースが多く、「学校」という狭い世界が、彼ら彼女らの「世界の全て」になってしまっている怖さを感じます。

 

 

■中学生はどんな世界に生きているのか

 

小学校高学年頃から始まる思春期は、心身が大きく変化する第二次性徴と重なります。自分のからだが、自分の意思とは無関係に変化していく不安。周りの友だちとの「成長の速度の違い」がもたらす焦りや劣等感。「理想の自分」と「現実の自分」のギャップに悩んだりと、色々な感情に激しく振り回される時期でもあります。ホルモン分泌の不安定さがもたらす心身の不安定さは、子どもたちの自己評価を揺るがします。

 

大人の世界も少しずつ見えてきます。大人の汚さやずるさも見えてきます。そのため、これまで大きな疑問も持たずにきた親や先生のひとことひとことにカチンときたりします。この時期特有の潔癖さは、物事を白か黒かで判断したり、大人を拒絶して友人関係を最優先するなどの形で現れます。しかし、それらはすべて、自立と成長のための大切な「過程」です。

 

自分で自分がわからない。先の見えない不安に常に晒されているため、同じ悩みを持つ友だちとの親密さは、良くも悪くもぐっと深まります。そして、自分と友だちの境界があいまいになってしまうことも少なくありません。

 

 

■親御さんは、自分を責めないで

 

亡くなった女子生徒は、家族とともにゴールデンウィークを楽しんだり、当日の朝も普段通りに登校したとのことです。親御さんたちのショックはいかばかりでしょう。「なぜ気づいてあげられなかったのか」と、ご自分を責めたりもなさっているでしょう。

 

しかし、気づけなくて当然だったと私は思います。思春期の子どもたちは大人から距離を置きます。「子どもが何を考えているかわからない」のが、普通なのです。

 

まして、彼女たちは「演劇部」です。細心の注意を払って、親に気づかれないよう、演技していたに違いありません。

 

気づかれたくないと思いながらも、誰かに気づいてほしかったという気持ちもあったのかもしれません。「死にたい」などと書いたメモは、S.O.S.と読み取ることもできます。しかし、それも含めて、彼女たちは自分たちの死を「演出」したのではないか。限りなく美しい「死」を描いて、死にゆく自分たちという「役」を演じきったのではないか。そんなふうに思ってしまいました。

 

 

■私たち大人は「命」を大切にできているか

 

どうすれば、子どもたちは自分たちの命を大切にしてくれるのだろう。やりきれない思いで、そう考える大人は少なくないと思います。

 

なぜ自殺してはいけないのか。これは哲学者をはじめ、多くの人たちが考えてきたテーマです。「親にもらった命だから」「周りの人が悲しむから」「ダメなものはダメ」……その答えは無限にあるようで、どれひとつ的を射ていない気もします。そもそも、問い自体に無理があるようにも思います。いずれにせよ、どんな言葉で教え諭しても、子どもたちには響かない気がします。

 

「自分たちだけで抱え込まずに、周りの大人に相談してくれていれば……」、私もそう思います。でも、私たちは、子どもたちが信頼して悩みを打ち明けてくれる大人になれているでしょうか。私はカウンセラーで、人の悩みを聞くのを生業としていますが、それでも正直、自信がありません。

 

私たち大人は、子どもたちが未来に希望を抱ける社会を作っているでしょうか。ひとりひとりの「命」を大切にできているでしょうか。お年寄りはどうでしょう。障害者に対してはどうでしょう。女性は男性と同じくらい、社会から大切にされているでしょうか……。

 

子どもの自殺のニュースが流れるたび、私はこの社会に生きる大人のひとりとして、「ノー」を突きつけられている気がするのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

福田由紀子

女性支援を専門とする臨床心理士。認定フェミニストカウンセラー。女性のエンパワーメント(力を取り戻す/力をつける)支援をライフワークとしている。性暴力、虐待、DV、トラウマ・PTSD、母娘関係、アサーティブ(...

福田由紀子のプロフィール&記事一覧
ページトップ