“素人感”が新鮮すぎる! お茶の間を虜にする「郡司さん」の破壊力

エンタメ

出典:郡司さん公式インスタグラム(@gunji_desu)より

親愛なるcitrus読者の皆さまは「郡司さん」をご存じだろうか?

 

フルネームは郡司理加さんという。トークバラエティ番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)に「運動神経がゼロな女」として登場。衝撃的な“スキップ”を披露し、一躍で視聴者のハートを鷲づかみにした一般女性の出演者である。

 

その従来の人類の動きをはるかに超越したパフォーマンスに、同番組のMCであるマツコ・デラックスと村上信五(関ジャニ∞)も大絶賛。スキップ以降も、縄跳びの二重跳びやボール投げ(※飼い犬にボールを投げたいという理由で)、フィールドアスレチック……と、さまざまな“運動”に、公共の電波上で果敢なるチャレンジをなされている。

 

すでにネット上でも郡司さんについての情報は複数流出しており、それらのなかからいくつかを抜粋してみると、以下のような人物像が浮き上がってきた。

 

・  年齢は26歳

・  出身は現時点で公表なし

・  職業は普通の会社員

・  ご結婚していて現在は主婦

・  専業主婦ではないとのことでお子さんはいない?(※あくまでネット上での憶測)

・  おそらく都内近郊に在住(※あくまでネット上での憶測)

・  元水泳部ゆえ泳ぎは得意(※キックボードも得意と自己申告)

・  妹さんがいる

・  年に一度声がシワシワになる…らしい

・  時に根拠のない自信を見せる

・  毎回個性的なTシャツを着てくる(※イオンでまとめ買いと自己申告)

・  トイプードルに引っ張られ腕力には自信あり

・  ツイッターやインスタでわりとオープンに自身のプライベートを発信している

 

もちろん、私も初登場でのスキップを見たときから郡司さんに首ったけとなってしまったうちの一人なんだが、そんなあまりのフィーバーぶりに8月2日(深夜)放送の回では「郡司さんがやりたい100のこと」なるコーナーまでもが立ち上げられ、今後『月曜から夜ふかし』あげての、本格的な“郡司さん推し”が展開される雲行きとなっている。そして、その「100のこと」とは、三段跳び・バランスボールに乗る……などにとどまらず、「蜂の子を食べたい」……と、もはや“運動”とは関係ない(ゲテモノ)食レポの分野にまでおよんでいる。

 

たしかに、郡司さんの“テレビ映え”とはまったく無縁な、したがって逆に視聴者の目には“新鮮”にうつる、素人ならではの滑舌とボリュームに乏しい声や無防備な表情、それに計算されていないリアクションは、運動モノだけではなく食レポでも期待以上の異彩を放っていて、かなり面白くもあった。芸能人の枠組み外であったら、十分に可愛いレベルでもあるし……。

 

でも、この「やりたい100のこと」をすべてやりこなしたころに、「どこどこの芸能事務所でお世話になることになりました」みたいなことが、郡司さんのSNSで発表されたりしたらちょっと嫌だなぁ……と、一抹の不安がよぎりもした。個人的な願望を言えば、100もの「やりたいこと」をこなしていくと同時に、視聴者にも郡司さんにはきちんと飽きてもらいたいと思う。テレビという媒体にまだどっぷり浸かっていない、彼女のピュアなキャラクターに、少なくとも私は萌えているのだから……。事務所に入ってタレントとして活動をはじめれば、そこでもう(現時点での)郡司さんの最大の武器である素人感は、単なる“あざとさ”へと転じてしまうのだ。

 

最後に。「郡司さんの度が過ぎる運動音痴は、もしかするとヤラせなのでは…?」なんて声も世間的には散見されるが、私は「それはない!」とだけは断言しておきたい。運動音痴独特の動きを模倣するのは、なにかのスポーツを完璧なフォームでこなすよりも数倍数十倍もむずかしいのである。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ