マヨネーズを日本人の3倍以上食べる、世界一マヨ好きな国民とは

ライフスタイル

citrus 編集部

 

食卓に欠かせないアイテム、マヨネーズ。野菜と合わせて食べるのはもちろん、最近ではマヨネーズで食材を炒めたりオーブン料理に使って焼き色を付けたりと色々な食べ方が提案されています(一時期“マヨラー”なんて言葉も流行りましたよね)。

 


そんな、みんな大好きマヨネーズを、世界で1番消費している国はどこかご存知でしょうか?



正解は「ロシア」。ロシア国民1人が1年間で消費するマヨネーズはなんと……5.1キロ! これは日本人の3倍以上で世界でも断トツの消費量です。



大量消費の理由として挙げられるのが、最低気温マイナス20度ともなる冬の寒さ。この寒さをしのぐために高カロリーな食べ物を意識的に摂取するのだそう。ロシアのことわざには「マヨネーズをかければゴミでも食べられる」なんていうものもあり、ロシアの人は紅茶以外のほぼ全てのものにマヨネーズをかけて食すとも言われています。



スーパーに行くと3キロ入り、5キロ入りのマヨネーズバケツも売られているロシアのマヨネーズ事情。味は日本のものに比べて濃く、油分も多め。特に人気なのは、うずらの卵を使ったマヨという事ですが、一度食してみたいものです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ