【全店制覇ジロリアンの二郎日記】『池袋東口店』に新商品登場…1000円ぴったで幸せに!

ライフスタイル

宮元大地

画像はイメージです

 

男たちを惹きつけるガッツリ系ラーメンの元祖といえば、首都圏を中心に約40店舗を構える『ラーメン二郎』。

 

何を隠そう、筆者も二郎に魅了され、全店舗を毎年最低1回は巡礼している“ジロリアン”の一人だ。

 

そんな筆者は今年、未訪問の店舗が10月に入っても1/3近く残ってしまっていたので、すでに一度でも食べに行った二郎は、全店制覇を果たすまで封印しようと考えていた。しかし『池袋東口店』(東京都豊島区)が、期間限定で新メニューの「まぜそば」を販売しているという情報をSNSでキャッチ。池袋東口店には8月に訪問したばかりだが、新メニューが登場したとなれば逃すわけにはいかない。

 

 

■10月某日:筆者の注文メニュー「まぜそば」+「新生姜」+「ほぐし豚」
 

池袋東口店は11~23時の通し営業だが、この日は土曜。いつにも増して混雑していることが予想されたので、せめてピークタイムを外そうと16時過ぎに到着したところ、店の外には数人しか並んでいなかった。ラッキー、これならせいぜい10分で着席できそうだ。

 

待ち行列はすぐに入り口まで進み、筆者も食券を購入する番が来る。原材料の高騰と消費税の増税を受け、10月から麺類を50円値上げしたとのこと。この日のお目当てであるまぜそばは850円、通常の「ラーメン」は750円で、二郎もいよいよ、よそのラーメン店と大差なくなってきてしまったか(もちろん、これまでが量の割に安すぎたのだが)。

 

また、まぜそば以外にも「生玉子」(50円)、「新生姜」(50円)、「ほぐし豚」(100円)といった、見慣れない食券ボタンが増えていた。まぜそばには生玉子がマッチしそうな気もしたが、今回は新生姜とほぐし豚のみポチリ。まぜそばと合わせ、ジャスト1000円の出費である。

 

着席すると、まずはラーメンとは別の器で、新生姜とほぐし豚がそれぞれ提供された。新生姜は細かく刻まれたもので、ほぐし豚はチャーシューがツナ状になったもの。

 

それから間もなくしてまぜそばの無料トッピングを尋ねられ、「ヤサイ少なめ、アブラ、カラメ」でお願いする。池袋東口店のアブラは醤油で甘く味つけされた、“黒アブラ”とも呼ばれる逸品だ。そしてカラメは、ラーメンの場合は醤油ダレが追加されるのに対し、まぜそばの場合はからしマヨネーズがトッピングされるという。店内の張り紙には「いきなり混ぜるの危険!!」「すごく辛いです!!」などと注意書きされていたが、まぁ大丈夫だろう。

 

――完成したまぜそばはラーメンとは違い、スープの代わりに、濃いめのタレが丼の底に沈んでいた。麺を引っ張り出すとタレ、さらにブラックペッパーが絡み、しょっぱウマな味わい。

 

最初はやや単調にも感じられたが、途中でほぐし豚を箸休めにつまんだり、新生姜を投入してサッパリ感をプラスしたり、からしマヨネーズを混ぜて“味変”したりしているうちに、「これはここ最近食べた二郎のなかで最大のヒットかも……?」と思い直す。ここまでの満足度を得られるのなら、1000円の出費も決して惜しくないのではないか。

 

池袋東口店は今年から、夏の風物詩だった「つけめん」を廃止していただけに、まぜそばという新メニューの登場は大歓迎なのだ。期間限定といわず、レギュラー商品に昇格させてほしいくらいなのだが、果たして……?

 

※本記事の情報は2019年10月下旬時点のものです。
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

宮元大地

編集プロダクションA「4studio」(エーヨンスタジオ)所属のライター。朝食を抜いて出勤し、仕事が片付くまで何も飲み食いせず、帰りにラーメンだけガッツリと胃袋に詰め込んで一日を終えるのが好き。

宮元大地のプロフィール&記事一覧
ページトップ