妻の口癖「もう離婚だからね!」につい言い返してしまった夫…ただの喧嘩では収拾がつかなくなった夫婦とは

人間関係

 

■娘はかわいいけど……妻とは気持ちがすれ違う

 

37歳のとき、5歳年下の女性と再婚したセイジさん(42歳)。前の結婚では子どもがいなかったが、今回は娘を授かった。4歳の娘の笑顔が彼の何よりのエネルギー源となっている。


「妻は今のところ専業主婦です。子どもが小学校に入ったら仕事を再開するそう。ただ、今どき、専業主婦だとママ友さんたちに、『パートもしなくていいなんて羨ましい』と嫌みを言われたりするようです。気にするなと言っていますが、妻としては気にしないわけにはいかない、と」


だからといって解決策があるわけでもない。セイジさんは、気にしない、別の場所で娘を遊ばせる、嫌みを言い返すなどの選択肢を上げた。「気にしない」以外の解決策はないと示すためだ。ところが妻は激怒。


「あなたは私をバカにしてる」


そう言って数日間、口をきいてくれなかったという。妻の気持ちを少しでも軽くしたくてしたことなのに、なぜ妻が激怒したのかわからないと彼は嘆く。おそらく、妻は話を聞いて共感してほしかっただけ。だが夫は「解決策」を理屈で考えて妻に押しつけてくる。妻はそう感じたのではないだろうか。


「子どもが生まれてから、こうやって妻とは気持ちがすれ違うんですよね。思ってもいないことで激怒されたり、『どうせあなたは会社に行ってしまえば、当事者じゃないんだからいいわよね』と投げやりな言葉があったり。いつも自分が被害者であるという発言が多くて」


早く帰宅して娘には会いたいが、妻の「何が要点かわからない愚痴」につきあわされ、あげく責められるのが苦痛だと彼は言う。

 

 

■「離婚」のひと言に反応したら、妻は実家へ…

 

ここ1年ほど、妻は何かというと「離婚だからね」と言うようになった。離婚後、彼女に巡り会い、再婚するまでに3年かかっているが、その間、彼はずっと2度目の結婚をすべきかどうか悩んでいた。そんな彼の優柔不断さを彼女に責められたこともある。


「つきあっているころ、よく言われたんですよ。ちょっと意見が違うと、『別れるからね』って。当時の僕は彼女に去られるのが怖かった。でもまた失敗したらどうしようと思うと、結婚するのも怖かった。彼女はそれがわかっている。だからちょっと口げんかみたいになると、『別れるからね』『離婚するからね』と脅すんです。再婚したとき、ケンカしても『離婚』という言葉を出すのはやめようと約束したのに」


一般的に言っても、夫婦の間で、「離婚だからね」はきついジョークだ。ましてセイジさんは再婚。離婚経験者は心に傷を負っている場合も少なくない。


「なんかね、妻の『離婚だからね』という言葉が、じわじわと心を蝕んでいくんですよ。自分が病むくらいなら、一度でいいから、いいよ、それなら離婚しようと言い返してみたくてたまらなかった」


そして彼はあるとき、言ってしまうのだ。「いいよ、離婚しよう」と。それに激怒したのは妻だった。本気なのかと問いつめられ、「きみがそうしたいんだろう」と言ったことから、ただのケンカではなくなっていった。妻は娘を連れて、今、実家に戻っている。


「いったい、どうしてこうなったのかわからないんです。短期間に完全に夫婦の関係がおかしくなってしまった」


今ならまだ修正がきく。そう思いながらも、セイジさんはそのための一歩が踏み出せずにいるのだという。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ノンフィクションライター

亀山早苗

明治大学文学部演劇学専攻卒業後(専攻は歌舞伎)、雑誌のフリーランスライターに。 ライター歴、もうじき30年。離婚歴1回の現在独身。長い間、男女関係に興味を持ち続け、さまざまな立場の男女に取材を重ねてきまし...

亀山早苗のプロフィール&記事一覧
ページトップ