【注意喚起】唐がらしが肌にかかってしまったら、水洗いは絶対NG!?その理由に「知らなかった」「ついやっちゃいそう」

ライフスタイル

citrus 編集部

 

お味噌汁や、うどん、そばなど、日本料理と相性のいい七味唐辛子。皆さんもなじみ深い調味料なのではないでしょうか。

 

そんな「七味唐辛子」にまつわる、inoue(救急車は呼んでないです)(@aminUCRmxQkr3Rb)さんのこんなエピソードが、話題になっています。

 

 

汚れやケガ、口に入れてはいけないものの誤飲など、基本的な対処は「清潔な水で洗い流す」ことがほとんど。

 

ですが今回、inoue(救急車は呼んでないです)(@aminUCRmxQkr3Rb)さんの息子さんが顔にかぶってしまったものは唐辛子。

 

その対応が、より症状を悪化させることになってしまいました。

 

 

 

農林水産省によると、唐辛子の主な辛み成分である「カプサイシン」は水にほとんど溶けず、油やお酒に漬け込むと辛み成分が出やすいという特徴があるといいます。

 

『カプサイシンは水溶性ではなく脂溶性』という点を忘れずに対処しないと、今回のような悲劇が……。

 

今回、息子さんが大変な思いをしてしまったinoue(救急車は呼んでないです)(@aminUCRmxQkr3Rb)さんも下記のように呼び掛けています。

 

 

何も知らなければ、とっさに流水で洗い流そうとしてしまいますよね。

 

『カプサイシンは脂溶性』『唐辛子を洗い流すには油や酢』は忘れずに覚えておきたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ