【驚愕】超サイヤ人ブルー・悟空 VS 超サイヤ人4・悟空が描かれた『ドラゴンボール』公式アニメが存在していた!

エンタメ

昌谷大介

 

■『スーパードラゴンボールヒーローズ』のプロモアニメとは?

 

デジタルカードゲーム『スーパードラゴンボールヒーローズ』のプロモーションアニメの第1話が、YouTubeで公開されたのは2018年6月のこと。それから約1年半が経過した2020年1月1日現在、このプロモアニメは第18話まで公開されています。

 

ストーリーは、2015年7月~2018年3月まで放送されていたテレビアニメシリーズ『ドラゴンボール超(スーパー)』の最終回後を描いています。ただ、ここが少々複雑なのですが、『ドラゴンボール超』の正統な続編というわけではなく、おそらくかつての『ドラゴンボールZ』劇場版のように、公式アニメは公式アニメだけど正式な本筋とは枝分かれした異なるストーリーのような扱いになっている模様です。

 

さて、そんな『スーパードラゴンボールヒーローズ』プロモアニメは、オープニング曲などを除いた1話ごとの長さは約7分間と短いものですが、18話までの累計で約126分。すでに長編映画なみのボリュームとなっており、しかもストーリーはまだ続いています。そんなオリジナルストーリーがYouTubeで全話無料公開されているわけですから、『ドラゴンボール』シリーズファンは必見です!

 

 

■違う世界観のはずの「ブルー」と「4」が同時に存在するワケ

 

では、ここからは本題の超(スーパー)サイヤ人ブルー・悟空 VS 超(スーパー)サイヤ人4・悟空について紹介しましょう。

 

2人の悟空の戦いが描かれるのは、いきなり第1話。なんせ第1話のサブタイトルが「悟空vs悟空!監獄惑星で超絶バトル開幕!」ですからね。

 

第1話冒頭――破壊神ビルスが住む星で、ビルスの付き人であるウイスに修行をつけてもらっていた悟空とベジータ。ですが、未来から修行に来ていたトランクス(青年版)が行方不明となり、監獄惑星にいるらしいという情報を聞きつけ、悟空とベジータらは監獄惑星に向かいます。

 

監獄惑星に到着した直後、悟空とベジータらの前に現れたのは、もう一人の悟空…! しかも、そのもう一人の悟空は超サイヤ人4に変身するのです…!! トランクスを助けに来ていたほうの悟空は、すぐさま超サイヤ人ブルーに変身して応戦! こうして前代未聞となる“本物の悟空同士”の戦いが実現するのでした。

 

超サイヤ人ブルー・悟空と超サイヤ人4・悟空が拳と拳を交わし、かめはめ波同士を激突させるなどのガチバトルが展開されるのです! 熱すぎる…!!

 

――ここで一応、「超サイヤ人4」と「超サイヤ人ブルー」について、簡単に解説しておきましょう。

 

「超サイヤ人4」とは、1996年2月~1997年11月まで放送されていたテレビシリーズ『ドラゴンボールGT』における悟空の最終形態。黒髪のボサボサ長髪で、体が赤い体毛で覆われており、金髪だった超サイヤ人1、2、3とは一線を画したビジュアルなんです。ちなみに『ドラゴンボールGT』は『ドラゴンボールZ』最終回の5年後を舞台にしていました。

 

一方の「超サイヤ人ブルー」とは、『ドラゴンボール超』に登場する悟空の形態。“超サイヤ人ゴッドのパワーを持ったサイヤ人の超サイヤ人”というややこしい設定の形態ですが、ビジュアルは通常の超サイヤ人の髪色が金色から青色に変わっただけ。とはいえ、「超サイヤ人3」よりも2段階強くなった形態のため、相当の強さなのは間違いありません。ちなみに『ドラゴンボール超』は、『ドラゴンボールZ』の「魔人ブウ編」後と『ドラゴンボールZ』最終回の間の期間の出来事を描いた作品です。

 

さて、ここも少々複雑なんですが、アニメ運営側としては『ドラゴンボールGT』と『ドラゴンボール超』のストーリーはパラレル設定としているようなので、本来は超サイヤ人ブルーと超サイヤ人4は同じ世界観に登場しないはず。

 

…なのですが、フューという本作の敵キャラが、強い戦士たちを様々な時空から連れて来て戦わせているため、違う世界観の超サイヤ人ブルーと超サイヤ人4の悟空同士が対決することになったんですね。

 

まあ、ぶっちゃけ、かなり力技(強引)すぎる設定であることは否めませんが、本来、絶対に同じ画面に映らないはずだった超サイヤ人ブルー・悟空と超サイヤ人4・悟空が、夢の共演を果たせたのだからヨシとしましょう。実際、超サイヤ人4・悟空が、超サイヤ人ブルー・悟空に向かって、「そうか…おめぇ、あっちの俺か」、「俺はおめぇたちとは別の次元の孫悟空だ」と語りかけるシーンもあり、こんなやりとりも確実にファン垂涎ものですよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

昌谷大介

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)代表。ライター・エディター・映像クリエイター。1979年、神奈川県生まれ、大正大学 文学部 日本語・日本文学科卒業。『週刊プレイボーイ』(集英社)、『ダイヤモン...

昌谷大介のプロフィール&記事一覧
ページトップ