極寒だから助かった衝撃の真実

ヘルス・ビューティー

ザ!世界仰天ニュース

 

長崎県佐世保市。山間の家に暮らす、Oさん一家。その長女、Nさんは幼少期に絶体絶命の危機に瀕していた。一時は生存確率0%と言われたNさん。そんな命が助かったのは、極寒だからこそ起きた奇跡だった。

 


■やんちゃな少女が極寒の池の中へ

 

 

ある2月の午後。この日、佐世保市の山間部は雪が積もっていた。花の農家を営んでいたOさん一家の父、Kさんは家で業者と待ち合わせをしていた。活発でやんちゃだったまだ幼いNさんは、そんな父のもとへ。Nさんがいたビニールハウスから家へは、30m程。父親に向かって一直線の移動……のはずが、突然向きを変えた。その様子は大人たちからは見えていなかった。

 

Nさんが向かったのは、庭にあった直径3m程の池。大人の膝くらいの深さで、氷が張っていた。

 

それを見たNさんは、氷に興味を持ってしまった。子どもながらに遊んでいると、足を滑らせ池の中へ! 父親は、そんなNさんからわずか数メートルの所にいたが、娘に気づかなかった。

 

Nさんは、うつ伏せで浮いていた。誰にも気づかれず時間だけが過ぎていく。心肺停止後の救命率は、1分ごとに約10%ずつ下がっていくと言われている。5分経ち…そして10分経っても気づかれない。そして、業者とのやりとりが終わった父親は、Nさんが落ちた池を離れハウスの方へ。家族と合流したところで、ようやくNさんがいない事に気がついた。このとき池に落ちてから、なんと30分近く経っていたと思われる。田舎で人通りも少ない。思いつく場所は限られていた。

 

家族がNさんに気付いたのは、池に落ち、息が止まって30分後。全身が変色し、硬直していた。家族は、Nさんはもう「死んでいる」と思い、ただ泣き叫ぶことしかできなかった。

 

 

■1時間以上も気付かず。命は助かるのか?

 

 

慌てふためく家族。その時、父親のKさんが我に返り、母親に人工呼吸をするように言った。実は母親のTさん、結婚するまでは看護師だった。

 

母親のTさんは娘のために落ち着きを取り戻し、救急車を呼んだ後、娘の気道を確保。しかし呼吸も脈もない。冷えた体を温めようと毛布で体を覆い、濡れた服を脱がせ、心臓マッサージと人工呼吸を行った。とにかく続ける事が大事だった。そして、お湯でタオルを温め、それを心臓に当てながら続けた。心肺蘇生を試みてから10分経過。家は山間部のため、救急車は簡単には来ない。刻々と過ぎていく時間。とにかく信じて続けることしかない。

 

そして必死の蘇生術も30分が経過し、ようやく救急車のサイレンが聞こえてきた。するとその直後、口から水を吐き出したNさん。それと同時に肌の色が一気に戻った。わずかながら脈が戻っていた。非常に弱いが、自発呼吸が戻ったサインだった。池に落ちてから1時間が経っていた。Nさんを乗せた救急車はすぐに設備が整った病院へ。一度心臓が止まったときから、1時間半が経過。かろうじて心臓が動いている状態だった。

 

人間は、心臓が止まり、血液が循環しなくなると、まず脳へのダメージが進む。脳は、一度機能を失うと極めて再生しづらい。そうなると、心臓や他の臓器が生きていたとしても、脳に重い障害を残すか、最悪の場合はそこから死に至る。

 

医師は、脳細胞の死滅を遅らせるための薬剤を数種類投与した。この薬剤は全身麻酔の状態になるため、人工呼吸器が必要になる。そして、この治療法は他の臓器のダメージを考え、3日が限度とされる。

 

つまり4日目以降に、意識が戻るかどうかの勝負だった。しかし医師からは、もし意識が戻ったとしても、長い時間心臓が止まっていたので、脳の障害は避けられないと告げられていた。


Nさんが陥るかもしれない事態とは、「蘇生後脳症」。心肺停止により、脳に酸素が行かなくなることで、蘇生後でも脳障害が出てしまうというもの。心肺停止状態が5分を過ぎると、蘇生後脳症が起きるといわれる中、Nさんは30分以上、心肺停止の状態だった。

 

 

■極寒ならではの奇跡の生還

 

 

そして運び込まれてから4日が経過した運命の日。投薬を終え、医師にできることはもうない。あとはNさんの生命力次第だった。家族は愛する娘の生きる力を信じ、必死で呼びかけた。Nさんは大人のマネをするのが大好きなやんちゃな子。親が飲むコーヒーを自分も飲みたいとよく言っていた。

 

その事を思い出した両親は、元気になって一緒にコーヒーを飲もうと呼びかけた。するとNさんから反応が...

 

「ママ~、コーヒー飲みたい」

 

なんとしゃべった! しかもハッキリと!! この後、Nさんは後遺症も残らず退院することが出来た。

 

これぞまさに奇跡だった。Nさんは冷水が気管や咽頭に直接触れることによって迷走神経反射で心臓が止まってしまう、いわゆる心臓麻痺だった。

 

氷の張った冷たい水に落ちた事で、一瞬にして心肺が停止し肺に水があまり入らなかった。さらに冷水に浸かったことで、急速に体が冷蔵されて、脳が保護されたのだという。

 

体が小さかったため、一気に体温が下がり冷蔵状態に。体温が脳の保存に適した温度にたまたまなったことで、脳細胞の破壊を遅らせることができたと思われた。極寒の池だったから、そして体の小さな子どもだったから起こった奇跡だった。

 

月日は流れ、あれからおよそ30年。Nさんは現在結婚し、2人の子どもに恵まれている。

 

ちなみにあの池は、今も当時のまま。あの事件のあと、Nさんが成長するまでは柵を作っていたのだという。まさに極寒ならではの奇跡の生還だった。(2018年2月6日 ON AIR)

 


ザ!世界仰天ニュース

「恐怖のアレルギースペシャル」

放送日時:2月25日(火)21:00~21:54

 

VTRでは、ダイエット中の女性が、飲んでいたカロリーオフのドリンクで命の危機に陥った事例や、乳製品にアレルギーのある少年が同級生のおふざけで衝撃の結末を迎えた事件を紹介します。

 

 

スタジオでは、番組恒例ゲストのアレルギー検査の結果を紹介します。キスマイ・二階堂高嗣はエビとカニ、片桐仁は猫、トレンディエンジェル・斎藤司はキウイ……自身が抱えるアレルギーについてトークを展開します。

 

MC:笑福亭鶴瓶・中居正広

アシスタント:久野静香(日本テレビアナウンサー)

スタジオゲスト:ヒロミ、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)、大原優乃、片桐仁、斎藤司(トレンディエンジェル)、かまいたち

公式HP:http://www.ntv.co.jp/gyoten/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ザ!世界仰天ニュースの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ザ!世界仰天ニュース

ザ!世界仰天ニュース

世界各国で実際に起こったさまざまな事件・事故、日常生活に潜む“仰天エピソード”を、当事者への取材をもとに再現ドラマで紹介するドキュメントバラエティ。MCは笑福亭鶴瓶、中居正広。 ザ!世界仰天...

ザ!世界仰天ニュースのプロフィール&記事一覧
ページトップ