【ガンダムシリーズ】「赤い彗星」だけじゃない! パイロットたちの驚きの“珍異名”

エンタメ

TND幽介

※画像はイメージです

 

『機動戦士ガンダム』シリーズといえば、シャアが「赤い彗星」と呼ばれるなど、パイロットの格好良い異名も魅力の一つ。しかし、なかには謎すぎるネーミングも……。今回はそんな“珍異名”を見ていこう。

 

 

■ウモン・サモン:「誤報のデパート」 一年戦争からハッタリで生き抜いたベテラン

 

ウモン・サモンは、『機動戦士ガンダムF91』の10年後を描いた漫画シリーズ『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場する、クロスボーン・バンガード所属のモビルスーツパイロットだ。

 

自称ニュータイプの飄々とした老人であり、クロスボーン・バンガードではパイロット兼メカニックとして、主人公のトビア・アロナクスら若者パイロットたちを支えていた。

 

さて、「誤報のデパート」という異名の由来は、彼のかなりハッタリだらけの言動から。本作のさらなる外伝漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート』では、一年戦争時に、ボールの前面にガンダムの顔面を模した装甲を取り付け、敵を撹乱、結果的に6機の「リックドム」を撃墜する記録があると語られていた。

 

 

■ヴァルダー・ファーキル:「暗黒の破壊将軍」 “厨二病”チックな異名の理由は?

 

次は、『新機動戦記ガンダムW』の外伝漫画、『新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT』に登場する、ロームフェラ財団の尖兵組織OZの上級特佐ヴァルダー・ファーキル。

 

切れ長の瞳と赤い長髪、OZ兵士独特のどこか貴族然とした格好が特徴的な男で、その性格は冷酷。また、OZの総帥であり、圧倒的なカリスマを誇るトレーズ・クシュリナーダを一方的にライバル視しており、自分と渡り合えるのはトレーズのみと考えている。

 

量産型モビルスーツ「リーオー」を改造した専用の「カスタムリーオー」に搭乗しており、その機体は漆黒にペイントされている。そして、機体の禍々しい色合いと、非情な戦いぶりを指して「暗黒の破壊将軍」の異名を付けられていたのだ。主人公のアディン・バーネットに「邪悪な気みたいなものを感じる」と言わしめるなど、名前負けしない迫力を持った男と言えるだろう。

 

 

■トロヤ・ノワレ:「密林のファイアーボール」 ミスで山火事を起こして付けられた

 

最後は、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズの公式外伝シリーズ『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』の5作目『機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS』の主人公、トロヤ・ノワレだ。

 

『機動戦士ガンダムSEED』の続編『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』では描かれなかった、アジア圏での戦いを描いた本作。劇中でトロヤは、反政府ゲリラに所属する熱血漢の青年だったが、オーブ軍のエースだったバリー・ホーから、「ガンダムアストレイ グリーンフレーム」を譲り受け、パイロットとして成長していった。

 

しかし物語当初からかなりお調子者な性格をしており、それが災いして「グリーンフレーム」のビームライフルの発射テスト時に、誤って大規模な森林火災を誘発してしまう。このときの事件を皮肉られ、「密林のファイアーボール」という不名誉な異名を付けられてしまったのでる。
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

TND幽介

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。人生の大半をアクションやSF、ホラー映画に笑顔で投げ込んできた男。元・編集者。最近はオカルトに興味を持ち怖い話を収集しているが本人の霊感はか...

TND幽介のプロフィール&記事一覧
ページトップ