『ガンダム』ってこんなにオカルトなの!? “サイコフィールド” による超常現象の話

エンタメ

TND幽介

※画像はイメージです

 

『機動戦士ガンダム』の宇宙世紀が舞台のシリーズでは、傑出したニュータイプたちが奇跡的な超常現象を起こしてきた。今回は“サイコフィールド”とも言われ“思念を具現化”するとでもいうべき超常現象を振り返る。

 

 

■カミーユ・ビダン:サイコミュ未搭載なのにサイコフィールドを発生させた!?

 

まずは、『機動戦士Zガンダム』より、主人公カミーユ・ビダンが最終局面で見せた驚異の現象だ。戦いのなかで大切な人を多く失っていったカミーユ。その怒りと無念は、戦局を思いのままに操ろうとするシロッコや、戦いを楽しむヤザンなどに向けられていった。

 

ヤザンとの戦いでは機体の周りにピンク色の光が発生し、ビームをいとも簡単に弾き飛ばし、巨大化した自身のビームサーベルでヤザンのハンブラビを両断。最終決戦では、シロッコの乗るジ・Oを操縦不能に追い込んだ。

 

後述のサイコフレーム搭載機とは違い、このZガンダムは一般兵士でも扱える準サイコミュともいうべきバイオセンサーしか搭載されていないにも関わらず、後述のサイコフィールドのような現象を発生させたのである。これはカミーユの傑出したニュータイプ能力が生んだ奇跡と言えるだろう。

 

 
■アムロ・レイ:小惑星の軌道を変えた驚異の超常現象“アクシズ・ショック”!

 

次は、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より、主人公アムロ・レイが搭乗したサイコフレーム搭載機体であるνガンダムが起こした奇跡だ。サイコフレームとは、サイコミュと呼ばれるニュータイプなどの強い脳波を増幅し機械に反映させるシステムを、モビルスーツの構造材に落とし込んだものである。

 

シャア・アズナブルが起こした第二次ネオ・ジオン紛争の終盤、小惑星アクシズを地球に落下させようとするシャアの思惑に反発したアムロは、単身アクシズの表面に取り付き、これを押し返そうと絶望的な試みに挑む。

 

すると、νガンダムのサイコフレームがアムロの意思に共振し、緑色の光を発し始めたのだ。最終的にこの光と膨大なエネルギーは、アクシズの地球落下軌道をそらすという奇跡を起こしたのであった。のちに“アクシズ・ショック”と呼称されることになるこの事件は、ニュータイプの可能性を示しすぎたとして、地球連邦政府に隠蔽される事態にまで発展する。

 

 

■バナージ・リンクス:コロニーレーザーの照射さえも防ぐ驚愕のバリアー!

 

最後は、『機動戦士ガンダムUC』から、主人公バナージ・リンクスの駆るユニコーンガンダムと、リディ・マーセナスの駆るバンシィ・ルノンが起こした奇跡だ。

 

人類の本格的な宇宙移住と、それを阻む一派との抗争が原因で起きたラプラス事変と呼ばれる抗争を描いた本作。物語終盤、地球連邦政府は、自らの権力基盤を脅かす大スキャンダルが記されたラプラスの箱を抹消しようと、箱のある戦艦メガラニカをコロニーレーザーで焼き尽くそうと画策する。

 

しかし、バナージ、リディがそれを防ごうと飛び出すと、二人の機体が共振。直前、放り投げたサイコフレームが仕込まれたユニコーンガンダムの盾、ユニコーンガンダム、そしてバンシィ・ルノンという三重のバリアーを発生させ、メガラニカと人類の希望を守り切ったのだった。
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

TND幽介

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。人生の大半をアクションやSF、ホラー映画に笑顔で投げ込んできた男。元・編集者。最近はオカルトに興味を持ち怖い話を収集しているが本人の霊感はか...

TND幽介のプロフィール&記事一覧
ページトップ