絶望から妻の一言で大逆転

エンタメ

 

アメリカ・ラスベガスに住むビリー・オーウェンさん、このとき36歳。妻のダヤニラさんと幼い息子に恵まれ、幸せいっぱいの毎日を過ごしていた。

 


■突然の病により、右目を失う

 

 

ある日、軽い頭痛と鼻水、鼻詰まりを感じ病院に行くと……思わぬ事実が判明した。鼻周辺の空洞である副鼻腔に、悪性の腫瘍が見つかったのだ。日本ではガン全体の約0.5%未満と珍しい疾患。中でも50~60代の男性に多いと言われている。初期の症状は鼻水や鼻づまり程度で大きな病気を疑うことがない。ビリーも発見された時にはすでに進行度は一番重いステージ4だった。


しかも「未分化ガン」というとても珍しい種類のガンだった。副鼻腔の未分化ガンになるのは約500万人に1人。生存率は10%だと宣告された。


一刻も早く、腫瘍を摘出しなければ……。まずは切除する範囲を小さくするために、化学療法と放射線治療を行った。


そして腫瘍を小さくしたところでガンの切除手術が行われた。がん細胞を残さないように、周囲の正常な組織も含め、大きく切除しなければならない。ビリーの場合、腫瘍をほお骨と上あご、眼球で包み込むように取り除く必要があった。


こうして、彼は右目も失った。包帯がとれたのは1か月後。顔の右半分には大きな空洞が。手術後のCT画像をみると、歯や上あごの一部も切除しているのが分かる。右目には義眼が、口の中には、人工の上あごが取り付けられた。


その後の彼は、ふさぎ込みがちになり人生に絶望していたという。

 


■妻の一言で...ゾンビに生まれ変わる!?

 

 

手術から9年、仰天スタッフはアメリカ・ラスベガスで暮らすビリーさんを訪ねた。普段、ビリーさんは眼帯をしている。そして、眼帯の下には、エピテーゼと呼ばれる欠損部分を補う人工物をつけている。


ビリーさんは手術した当時はすごく落ち込み、家で何もしない日々を過ごしていた。そんな夫を心配した、妻のダヤニラさん。すると、彼女はまさかのアドバイスをする!


妻「片目がないなら...ゾンビになればいいじゃないの」


なんと片目がないビリーに、その姿を生かしてゾンビ役をやることを提案したのだ!! こうして……ビリーはゾンビになった。


ラスベガスのホラーアトラクションに、ゾンビ役として出演。そのあまりにリアルな姿に、人々は熱狂!!その勇気と生き方に拍手を送った!! やがてメディアに取り上げられるまでに。ゾンビになってからのビリーさんは、明るさを取り戻し外出するようになった。


手術から9年、がんを克服したビリーさんはバイクが大好き。片目しか見えないというハンデを乗り越えて、レースに参加することも!ビリーさんの影響で10歳になった息子、レオニダス君もバイクに乗っている。


生存率10%の病から生還したビリーさん。彼の生き方にたくさんの人が勇気をもらっている。(2018年5月29日 ON AIR)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ザ!世界仰天ニュース

世界各国で実際に起こったさまざまな事件・事故、日常生活に潜む“仰天エピソード”を、当事者への取材をもとに再現ドラマで紹介するドキュメントバラエティ。MCは笑福亭鶴瓶、中居正広。 ザ!世界仰天...

ザ!世界仰天ニュースのプロフィール&記事一覧
ページトップ