【名探偵コナン】人気キャラのスゴすぎ特技3選!いやいや、いくら何でもチートすぎだろ…

エンタメ

後藤拓也

 

ご存知、国民的なマンガ・アニメ作品である『名探偵コナン』の登場人物のなかには、思わず「凄すぎっ!」と叫んでしまうような特技を持っているキャラクターがたくさん。そこで今回は、登場人物たちの天才的なスキルをご紹介します!

 

 

■【安室透】/さまざまなジャンルでプロ級の腕前を持つ

 

1994年に連載開始されて以降、現在まで続く長期シリーズとなっている『名探偵コナン』。第75巻から登場した安室透は、私立探偵、公安警察、そして「黒の組織」の一員という3つの顔「トリプルフェイス」を持ち、公式のスピンオフ漫画が連載されるほどの人気を誇るキャラクターです。そんな彼はトリプルフェイスの持ち主ということもあって、たくさんの特技を持っています。

 

趣味はボクシングで、犯人をワンパンチで気絶させてしまうほどの実力を持つ彼は、テニスも得意でジュニア大会の優勝経験もあるとのこと。また、楽器演奏も得意としており、プロ並みのギターの腕前で、周囲を感心させたこともありました。

 

さらに、料理のスキルも一級品。彼が働く喫茶ポアロで提供されているハムサンドは、近所のパン職人がその味に惚れ込んで、味の秘密を暴こうとしてしまうほど美味しいようです。天才的な頭脳を持ちスポーツ万能、その上料理の実力も折り紙付きなのですから……女性ファンに人気なのも頷けますよね。

 

 

■【毛利蘭】/空手の実力は一級品。そのパワーは人間離れ

 

江戸川コナンの正体である高校生探偵・工藤新一の幼馴染みで、『名探偵コナン』におけるヒロイン・毛利蘭。彼女の特技は空手です。

 

帝丹高校に通う高校2年生である彼女は、東京都大会を制するほどの空手の腕前を持ち、所属する空手部の女主将も務めているのだとか。そんな彼女が閉まっている扉や走行中の車のガラスを蹴破ったり、襲いかかる犯人を自慢の突きや蹴りで倒したりと、ストーリー上で空手の技を披露し、事件解決に貢献することも少なくありません。

 

記念すべきアニメ第1話「ジェットコースター殺人事件」のなかでは、新一の発言に怒った彼女が電柱にパンチ、破壊してしまうというシーンも描かれていますよ。

 

 

■【工藤新一・江戸川コナン】/サッカーセンスが抜群!

 

最後に、この物語の主人公である江戸川コナン、そして工藤新一の特技をご紹介しましょう。

 

新一の特技はサッカーで、リフティングをすると頭が冴えると言います。帝丹中学のサッカー部時代には、1年生でレギュラーに抜擢され、そののちには、Jリーグからスカウトされた経験もあるとのこと。

 

小学生の体になっても、その実力は相変わらず。阿笠博士の発明した「どこでもボール射出ベルト」と「キック力増強シューズ」を使ってサッカーボールを蹴り、襲いかかってくる相手を撃退してしまうことも。犯人を捕まえる際の大きな武器となっています。


 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

後藤拓也

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。1992年、東京都生まれ。生きている時間の大半はラジオを聴いている。将棋の対局を観戦したり、野球やサッカー、プロレスを見たり、人文書を読んだり...

後藤拓也のプロフィール&記事一覧
ページトップ