【ガンダムシリーズ】悲劇がすぎる!戦場で儚い命を散らしたヒロインたち

エンタメ

TND幽介

※画像はイメージです

『機動戦士ガンダム』シリーズには魅力的なヒロインが多く登場してきた。だが、なかには残酷な運命に翻弄され、若くして命を散らせていった者も少なくない。今回はそんな“悲劇のヒロイン”をピックアップ。

 

 

■ララァ・スン:アムロとシャア、永遠のライバルの因縁を加速させた少女の死

 

まずは、『機動戦士ガンダム』(1979年)から、主人公アムロ・レイとその宿敵シャア・アズナブルにとって、生涯忘れられない存在となった女性、ララァ・スンだ。

 

ララァはシャアに見初められ、ジオンのニュータイプ研究機関であるフラナガン機関で育てられたニュータイプの少女である。インド系と思われる浅黒い肌に透き通った緑色の瞳。どこか超然とした態度で詩的な言葉遣いをする存在として登場し、ニュータイプのイメージを視聴者に植えつけた名キャラクターだ。

 

その類まれな能力をパイロットとして活かし、“ソロモンの亡霊”との異名まで得たララァ。しかし、同じくニュータイプとして目覚めていたアムロとの戦闘において、互いの精神交感によって共鳴したものの、ララァはシャアをかばったことで自機のコックピットをビームサーベルで貫かれてしまう。この死は、アムロとシャアに深い傷を残すことになってしまうのだった…。

 


 
■フォウ・ムラサメ:人工的にニュータイプに改造され記憶を失った薄幸の美少女

 

次は、『機動戦士Zガンダム』(1985年)に登場する悲劇の強化人間、フォウ・ムラサメだ。上記のララァの死をリフレインするかのような彼女の死は、悲劇性が際立った本作を、ある種象徴するような出来事として描かれている。

 

一年戦争後、ジオンのニュータイプ研究に追いつこうとした地球連邦政府は、各地にニュータイプ研究機関を設立させた。その一つである日本のムラサメ研究所で、4番目に作られた強化人間こそがフォウ。フォウという名前は本名ではなく「4番目」という意味である。

 

人工的な薬物投与に人体実験…非人道的な研究の末に生まれたフォウは本来の記憶を失っており、精神的に脆く儚い存在となった。そして、フォウは主人公のカミーユ・ビダンと出会い恋に落ちる。しかし、敵対する立場がもたらす悲劇の果てに、フォウはカミーユの腕の中で死んでゆくのだった…。

 

 

■フレイ・アルスター:戦争が生んだ孤独と差別…復讐に身を滅ぼされたヒロイン

 

最後は、『機動戦士ガンダムSEED』(2002年)に登場するヒロインの一人、フレイ・アルスターを推したい。ナチュラルとコーディネイターの戦争に幼心を引き裂かれ、心の傷と復讐に追われた悲劇のヒロインとして、同作に厚みを持たせている名キャラクターだ。

 

大西洋連邦事務次官ジョージ・アルスターの娘として、不自由ない生活をしていたフレイ。もともとコーディネイターに偏見を持っていたが、動乱の最中に目の前で父を失ったことが原因で、コーディネイターとザフト軍に激しい憎悪と復讐心を募らせていく。

 

目覚ましい戦闘力を持つコーディネイターの主人公キラ・ヤマトと惹かれ合い、互いの傷を舐め合うように体すら重ね、キラを使ってザフト軍への私怨を晴らしていくフレイ。だが、物語終盤ザフトに捕まり、軍務につかされてしまう。復讐心はなりを潜め、実は惹かれ合っていたキラを想いつつ、どこか物悲しく過ごしていたのだが、最終局面において、彼女はキラの目前で敵のビームに貫かれ宇宙に散っていくのだった…。
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

TND幽介

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。人生の大半をアクションやSF、ホラー映画に笑顔で投げ込んできた男。元・編集者。最近はオカルトに興味を持ち怖い話を収集しているが本人の霊感はか...

TND幽介のプロフィール&記事一覧
ページトップ