『ガンダム』に出てくるエリート軍人…いけ好かないから一周まわって好きになる件

エンタメ

TND幽介

※画像はイメージです

いまだに新作が作られる世界的人気コンテンツとなった『機動戦士ガンダム』シリーズ。戦争に巻き込まれる少年少女を描いてきた同シリーズにおいて、主人公と対立するエリート軍人キャラも数多く生まれてきた。今回はそんなキャラクターを3人紹介したい。

 

 

■ジェリド・メサ/何気無い罵倒が人生を狂わせてしまった悲しきエリート軍人

 

まずは、『機動戦士Zガンダム』より、主人公のカミーユ・ビダンを宿敵として追い続けるティターンズのエリートパイロット、ジェリド・メサを紹介したい。

 

物語の冒頭、地球連邦軍のエリート部隊ティターンズに所属し、コロニーのグリーンノア1の宇宙港で同僚たちを出迎えていたジェリドは、偶然そばにいたカミーユの名前を耳にしたとき「なんだ男か…」と何の気なしに呟いてしまう。

 

それを聞いたカミーユは激怒、ジェリドを思いっきり殴りつける。これが運命の分かれ道と言わんばかりに、ジェリドはその後、カミーユへの恨みで人生の歯車を狂わせていく。親友、師匠、恋人をカミーユにことごとく奪われた末、最後はあっけなくカミーユに討たれてしまうのだった。

 

 

■ギニアス・サハリン/名家再興を胸に狂気に落ちていった、エリート技術士官…

 

次はOVAシリーズ『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』(1996年)より、ジオン公国軍の技術少将であり、没落してしまった一族・サハリン家の再興を果たそうと目論んでいたギニアス・サハリンを推したい。

 

アジア方面軍、新兵器開発秘密基地の司令という肩書きを持つギニアス。彼は、地球連邦軍の本部がある南米のジャブローを、その防空圏外から一気に強襲し、超強力なメガ粒子砲で殲滅することを目的とする、超巨大モビルアーマー“アプサラス”の開発に没頭していくことになる。


    
半ば妄執的に開発に勤しみ、秘密基地を連邦に包囲された際は、ついに完成したアプサラスⅢで連邦軍を寸でのところまで追い詰めた。しかし、執念の代償としてないがしろにしていた妹アイナに反旗を翻され、その恋人である主人公シロー・アマダに討たれるという最期を迎えるに至った。

 

 

■イザーク・ジュール/いけ好かないエリートから人格者へと成長した名脇役

 

最後は『機動戦士ガンダムSEED』(2002年)とその続編『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(2004年)に登場した、ザフト軍のエリート“赤服”の一人であるイザーク・ジュールを紹介しよう。

 

イザークはザフト軍のクルーゼ隊の一人として、中立コロニーのヘリオポリスに襲撃をかけ、地球連合軍が秘密裏に開発していた5機のガンダム強奪する作戦に参加。見事その一機であるデュエルガンダムを奪取し、戦争終盤まで愛機として搭乗し続けた。

 

当初は仲間にも幾分高圧的に当たっていたが、同僚のニコル・アマルフィの戦死や、戦場であっても人を殺めんとするキラ・ヤマトの行動、さらには戦友であったディアッカ・エルスマンの造反を経て、精神的に成長。最終決戦時はディアッカらを守るために、敵ガンダムを撃破する活躍を見せた。続編では昇進し、最終決戦では主人公一派に合流。戦争を終わらせるために戦場を駆けた。
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

TND幽介

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。人生の大半をアクションやSF、ホラー映画に笑顔で投げ込んできた男。元・編集者。最近はオカルトに興味を持ち怖い話を収集しているが本人の霊感はか...

TND幽介のプロフィール&記事一覧
ページトップ