その痛みは…地獄の苦しみ!?世界三大激痛に襲われたある女性芸人の運命は…?

話題

 

2013年12月。深夜2時頃。突如、目を覚ますほど強烈な頭痛が一人の女性を襲った。

 

この彼女の名前は鈴木麻由。当時、デビュー1年半のモノマネ芸人。


それは右目の裏側をえぐられているような痛みだった。触ると……電気が走ったように痛む! 一晩中、激痛に耐え……早朝、一睡もできなかった彼女は病院へ。右目だけから涙があふれていた。顔を動かすと痛くなりそうで、両親に説明もできなかった。救急外来にかけこんだ彼女はすぐにMRIを受けた。


その結果は……なんと異常なし! なので鎮痛剤で様子を見ることになったが……その鎮痛剤は、全く効かなかった。強烈な頭痛が1時間ほど続き……その後、3時間くらい少し痛みがやわらぐ。そしてまた激痛……その繰り返し。食事も喉を通らない。彼女の場合、なぜかもっともひどいのが深夜2時頃だった。どうしようもできない、地獄の痛み。死んだ方が楽、とまで考えた。ひたすら朝が来るのを待ち、母と一緒に今度は大学病院へ。脳の専門医に病状を訴えた。


MRIに異常は見られない。医師は「群発頭痛」と診断した。


頭痛には、痛みそのものが病気である「一次性頭痛」と他の病気が原因となる「二次性頭痛」がある。群発頭痛は、片頭痛などと同じ「一次性頭痛」だがその特徴は痛みの激しさ。それは一説によると心筋梗塞・尿路結石と並ぶ、世界3大激痛と呼ばれるほどの痛みだった。

 


■世界3大激痛ともいわれる苦しみとは

 

突然、始まる頭痛の兆候。しばらくすると……どうにもならないほどの痛みが。


頭を叩き、内側の痛みをごまかそうとする麻由。このような頭痛が年に1~2回、1、2か月の間に集中して毎日起こる。そのため群発と呼ばれている。群発頭痛の痛みに対する処置は片頭痛の治療にも使われる皮下注射。そして高濃度の酸素吸入とされているが……彼女に効果はなかった。


こうした対症療法は効く人と効かない人がいるという。彼女の場合、頭痛以外にも風があたっただけで顔に痛みがあり……テレビの音や光に対しても痛んだ。こうした症状は群発頭痛のものではなく、彼女特有。とても仕事などができる状態ではなかった。彼女は一日中、横になり頭痛の発作におびえながら空気が揺れても痛む顔の右側に気をつけて過ごした。


しかしあまりの症状に、再び大学病院へ。すると……三叉神経痛の薬を試してみる事になった。


三叉神経痛とは顔の感覚をつかさどる三叉神経が血管や腫瘍などで圧迫される事で起こる。通常、三叉神経痛はMRI画像によってわかるが彼女にはそれが見られなかった。ただ、顔に触れると痛みを感じるなど似たような症状がみられたため、薬を試してみることになったのだ。


すると……痛みが和らいだ! それ以来、彼女は毎日この薬を飲み続け、頭痛の激しさは徐々におさまっていった。


 

 


この間、まともな食事をとれていなかったので体重は10kgも落ちたという。外に出て電車に乗れるようになるまでに半年かかったが、薬さえ飲んでいれば、日常生活を送れるようになった。


そんな時、マネジャーから電話が……それはモノマネ特番のオファー。光と音のど真ん中にあるステージ……再び痛みが襲う可能性もある。だが、この仕事を断ったら、二度と声がかからないかもしれない……彼女は出演を決意した!


そして番組収録当日。当日はいつもより薬を多く飲んで臨み、見事歌い切った! こうしてモノマネ芸人として復帰を果たした鈴木麻由。その後、彼女は現在まで5年間群発頭痛は起きていないが、顔の右側の痛みを抑える薬は今も飲んでいる。(2019年8月 6日 ON AIR)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ザ!世界仰天ニュース

世界各国で実際に起こったさまざまな事件・事故、日常生活に潜む“仰天エピソード”を、当事者への取材をもとに再現ドラマで紹介するドキュメントバラエティ。MCは笑福亭鶴瓶、中居正広。 ザ!世界仰天...

ザ!世界仰天ニュースのプロフィール&記事一覧
ページトップ