【新エヴァ】ミサトと加持の “深い仲” こそが人間のリアルだったのに…描写がカットされていた件

エンタメ

citrus 堺屋大地

 

6月公開予定だった最終作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が、新型コロナの影響で公開延期となっている。そんな“新エヴァ”シリーズに恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーが愛あるダメ出し! 今回は葛城ミサト&加持リョウジ編。

 

 

■“旧エヴァ”と“新エヴァ”の違いをおさらいしておこう

 

中高時代の4軍男子(非モテ)から這い上がった経験をもとに、恋愛をロジカルに分析する恋愛コラムニスト 兼 恋愛カウンセラーの堺屋大地です。

 

さて、『エヴァンゲリオン』には大きく分けて2通りのシリーズがあります。『新世紀エヴァンゲリオン』として、1995年から始まったテレビ版(全26話)と旧劇場版2作からなる通称“旧エヴァ”。そして『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』として、2007年からリブートした『序』・『破』・『Q』、そして最終作となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の4作からなら通称“新エヴァ”。

 

現時点(2020年8月2日)で、公開延期された“新エヴァ”シリーズの最終作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、具体的な公開日が発表されていません。

 

筆者が10代の頃から追いかけていた『エヴァンゲリオン』が、完全完結(たぶん)するということで否応なしに期待感は高まっているわけですが、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーとして、恋愛論的観点で“新エヴァ”シリーズの納得のいかない点を独断と偏見で述べさせていただきます。

 

 

■「サービスカットが見たい!」なんて浅はかな理由じゃない

 

『エヴァンゲリオン』ファンにはわざわざ説明するまでもないと思いますが、NERV作戦部長である葛城ミサトと、NERV特殊監査部所属の加持リョウジは、学生時代の恋人同士。今は元カノ・元カレの関係性です。

 

元恋人同士という設定は “旧エヴァ” ・ “新エヴァ” 共通のものですが、 “新エヴァ” で筆者が納得いかないのは、二人の “オトナの関係” に関しての描写がカットされてしまっていること。

 

もちろん “旧エヴァ” でも “絵” で直接的なことは描いていませんが、学生時代に二人が “オトナの関係” を結んでいる最中の会話や、アラサーになり元カノ・元カレとして再会してから、裸の二人がベッドで抱き合ってピロートークするシーンも描かれていました。このときの二人はよりを戻していたわけではなく、あくまで元恋人同士のままで関係を結ぶのです。

 

 “新エヴァ” ではこういったベッドシーンの描写がないわけですが、個人的にはぜひ挿入してもらいたかったシーンなんですよね。もちろん、「サービスカットが見たい!」なんて浅はかな理由ではありません。

 

 “旧エヴァ” ではそのピロートーク中に、加持が「情欲に溺れているほうが人間としてリアルだ」というセリフを言います。まさにコレ。メタ的な意味で加持に言わせたんじゃないかと深読みするほど、この言葉が的を射てるんですよね。

 

特にアラサーになって再会してからしばらくは、ミサトはずっと加持の軽薄さを毛嫌いするような態度を取り、近寄ってきても故意に避けるようにしていました。そんな彼女が加持に甘えながら抱かれるわけです。一見するとミサトの急な心変わりが不自然に映るかもしれませんが、その豹変っぷりこそが人間のリアル。

 

付き合ってもいない男女が、 “オトナの関係” になる場合もあること。

 

生死がかかった苛烈な戦いのストレスが、情欲に向かう場合もあること。

 

表向きは立派な顔をしていても、裏では傷を舐め合う弱さを持つのが大人であること。

 

綺麗ごとを並べて清廉潔白でいようとすることが、不毛であること。

 

ミサトと加持のベッドシーンには、そういった “人間臭さ” が濃縮されているように思うんですよ。ですから、そういった描写が省かれた “新エヴァ” のミサトと加持の関係性には、 “臭さ” が薄く、物足りない。

 

―― “新エヴァ” で加持が登場するのは今のところ『破』のみ。『破』から14年後が舞台の『Q』で加持は未登場でした。しかし彼の生死については言及されていないため、最終作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』で登場し、ミサトと濃厚な絡みをしてくれることを期待しておきましょう。
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

堺屋大地

恋愛コラムニスト。1984年生まれ。『女子SPA!』(扶桑社)や『INLIFE』(楽天)での恋愛コラム連載の他、『5時に夢中!』(TOKYO MX)、『週刊プレイボーイ』(集英社)、『Business Journal』(サイゾー)、『AOL News.』(AOL)などで恋愛に関するコメント提供や執筆を行う。イラストレーターではないが自身のコラムのイラストも描く。中高時代はスクールカースト的に4軍男子(非モテ)。現在は痛いほど、どチャラい。そんな4軍マインドとチャラい経験則を融合させ、真摯に恋愛市場を分析している。Twitter @SakaiyaDaichi

ページトップ