【ジョジョ】人間以外も戦闘能力は高い!動物の特殊スタンド3選

エンタメ

TND幽介

 

1987年に連載が始まり、実に30年以上も続いている人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』。本作は登場する特殊能力“スタンド”の使い手が魅力だが、なかには人間以外でもこの能力を身につけたものが存在する。今回はそんなスタンド使いを紹介しよう。

 

 

■【イギー】/孤高のプライドと“黄金の魂”を持つ砂使いのイケメン犬

 

まずは、第3部「スターダストクルセイダーズ」に登場した犬のスタンド使い、イギーを紹介したい。

 

ニューヨーク生まれのボストン・テリアの雄犬であるイギー。飼い犬だったが人間に愛想を尽かして野良犬デビューし、自由気ままに暮らしていた。しかし、ジョースター一行の一人であるアブドゥルに見つかり、捕獲されることとなった。ちなみにコーヒーガムが大好き。

 

性格は無頼漢かついたずら好きだが、犬好きの少年のピンチを助け、命を賭して戦友のポルナレフを助けるなど、その心の奥底には高潔な魂が眠っている。砂を操作するスタンド“愚者(ザ・フール)”によって大抵の攻撃は無効化するなど、戦闘能力も高い。

 

 

■【ペット・ショップ】/番犬ならぬ“番鳥”!! 冷酷なるスタンド使い

 

次に紹介するのは、イギーと同じく第3部に登場した“地獄の門番”ことペット・ショップ。スタンド使いかつ敵役という珍しい立ち位置で、ファンも多いキャラクターだ。

 

ペット・ショップは鎧兜のようなものをかぶっているハヤブサで、カイロにあるDIOの館を守っている。常に館の周囲を警戒しており、主人であるDIOの正体や館の存在を知ろうとするものを容赦無く抹殺することを使命としている。

 

スタンド“ホルス神”を有しており、空気中に氷塊を瞬時に作り出し攻撃してくる。劇中では、その凶悪な眼光や無口ながらくちばしを歪めて笑う狂気を存分に見せつけ、イギーと血みどろの死闘を演じた。

 

 

■【ココ・ジャンボ】/超便利な“部屋”を作り出すスタンドを宿す亀

 

最後は、第5部「黄金の風」に登場した亀、ココ・ジャンボだ。ギャング組織パッショーネのボスが、娘を主人公のジョルノたちに護送させようとした時に用意したスタンド使いであり、先述のイギーとは違い人格はほぼ見えず、パッと見はただの亀である。

 

だが、背中にあるくぼみに専用の宝石付きの鍵をはめ込むと、宝石部分から居住用の異空間にアクセスできるようになるのだ。ここには冷蔵庫や本棚、テレビ、ソファなど持ち込め、なぜか電気も通っているので隠密行動には最適のスタンドだ。

 

物語ではジョルノたちの隠れ家として幾度となく登場。生物の魂が入れ替わる超常現象が起きる終盤に、第3部の人気キャラであるポルナレフの魂と入れ替わってしまい、突然人語を喋り出した。その後もポルナレフの魂を宿し続けるなど、人気キャラの延命に一役買ったキャラと言えるだろう。
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

TND幽介

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。人生の大半をアクションやSF、ホラー映画に笑顔で投げ込んできた男。元・編集者。最近はオカルトに興味を持ち怖い話を収集しているが本人の霊感はか...

TND幽介のプロフィール&記事一覧
ページトップ