【雑学】「キリンってなんでキリンって呼ぶの?」と子供に聞かれたら、あなたは答えられますか?

話題

citrus 編集部

 

長~い首にキュートなまつ毛。動物園の人気者のキリン。漢字で書くと「麒麟」となり、中国の神話に登場する霊獣の名前と同じです。

 

過去の文献を見てみるとわかるのですが、架空の霊獣とはいえ動物園にいるキリンとは似ても似つかないその容姿……あまりにもギャップがあります。

 

 

※『三才図会』より引用

では、なぜキリンという名前が付けられたのでしょう?

 

 

■中国の霊獣「麒麟」が手に入ったという大ウソ

 

キリンは英語では「Giraffe ジラフ」。世界的にはこの英語名が広く認知されています。

 

明治時代、日本で初めてゾウやライオンを買い付けた人物とされる、石川千代松さん。(※当時の上野動物園の園長)

 

石川さんは「ジラフ」の買い付けも試みました。

 

しかし、持ちかけられた言い値は、現在の価値にしてなんと約1億円! 国から支給されていた予算の7倍の額でした。そこで石川さんは「中国の霊獣『麒麟』が手に入った!」と国に噓をつき、強引に買い付けることに。

 

これが日本でジラフのことを「キリン」と呼ぶようになったきっかけです。

 

ちなみにキリンが日本に到着したときは、電車で運ぶことができず横浜から上野まで大八車に載せて運んだそうです。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ