【衝撃】食パンを凍らせるとバターが染み込みやすくなる? 冷凍すると便利な食材3選!

ライフハック

 

食材を冷凍すると長期間保存できたり、食べたい時にすぐに取り出せたりして何かと助かりますよね。でも、肉や魚など、いつも決まった食材しか冷凍していないという方も多いのではないでしょうか。今回は、意外にも冷凍保存しておくと便利な食材を紹介します。

 

 

■トマト/冷凍保存することで、皮が超簡単に剥ける!

 

実は、野菜も丸ごと冷凍庫にインして冷凍保存できます。そのなかでもトマトの冷凍は、長期保存が可能になる以外にもメリットがあるんです。

 

もし大きなトマトが余ってしまったら、冷蔵室ではなく、丸ごと冷凍庫に入れて保存してみてください。長持ちするだけでなく、解凍するとトマトの皮がスルっと剥けるようになっているでしょう。これにより、トマトのソースやスープを作る際にはかなり助かるはずです!

 

 

■薬味/細かく刻んで冷凍保存しておけば、省スペース&長持ち!

 

細かく刻んだねぎや大葉、すりおろした生姜などの薬味は、一度に使う量が少ないので、控えめに用意したつもりでも余ってしまうことがありますよね。そんな薬味野菜は、ジップロックに全部入れて冷凍保存してしまいましょう。

 

小口切りにしたねぎは、冷凍してねぎ同士がくっついてしまっても軽く箸でほぐせますし、すりおろした生姜は袋に入れて板状にしておけば、必要な分だけパキっと折って使えます。多めに作り置きしておけば、料理のたびに用意する手間が省けるので便利ですよ!

 

 

■トースト/凍った状態でバターを塗って焼くと、浸透力アップ!

 

ひとり暮らしの方なら、食パンを1斤買っても食べきれなかった……なんてこと少なくないと思います。そんな食パンも野菜と同じく冷凍保存で寿命を延ばすことができるんです。

 

食パンは1枚ずつラップに包んでからジップロックに入れて、冷凍庫に保存しましょう。冷凍した食パンを食べるときにはラップを剥がしてそのままトーストするだけでOK。しかも、凍った状態でバターを乗せてから焼くと、焼きあがってから塗るよりもバターが浸透しやすくなり、じんわりとした食感になるんです。これだけメリットが多ければ、やらない手はないですよね…!

 

――冷凍庫をうまく活用して、無駄なく楽に自炊していきましょう!
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

御徒町まちお

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。1997年生まれ。日本語の音楽ラブで、いつか音楽の中に閉じ込められたいと思っている。

御徒町まちおのプロフィール&記事一覧
ページトップ