人間は1日に「5万回」決断している 日々の選択を間違わないために重要な2つの "ルール"

話題

 

人間は、一日に5万回決断するといわれています。

「まばたきをする、しない」から始まって、「立つか、座るか」「話すか、話さないか」など、それはそれは多くの決断を毎日しているのです。

ランチを「カツ丼」にするか、「カレーライス」にするかなどもそう。決断とは、選択の連続とも言えますよね。

 

選択をするうえで、2つのことが重要だと言われています。

1つは、「ワクワクする」方を選ぶこと。もう1つは、「難しい」方を選ぶことです。

「ワクワクする」とは、自分の心、感情、気持ちに正直になることに近いかもしれません。

たとえば、休日に「映画を観る」、「スポーツをする」で迷った場合、映画を観ることがワクワクするのであれば、映画を観るべきです。

「イタリア料理にする」か「スペイン料理にする」かで迷った場合、イタリア料理にワクワクするのであれば、イタリア料理を食べることです。

 

特に「ワクワク」が大事になるのは、何かを始めるときです。

たとえば、「料理教室に通うかどうか」で迷っていたとして、あまりワクワクしないのであれば、「通わない」が正解です。なぜなら、ワクワクしなければ続かないからです。

何かを続けるには「ワクワク感」が重要で、夢中になれる要素が「ワクワク感」の中にあると言えます。

 

もう1つの選択の秘訣は、この名言を参考にしてください。

「思いついたプレーの中で、いつも一番難しいものを選択するようにしている」

これは、セリエA通算205得点を挙げ、イタリア代表としても長く活躍し、「イタリアの至宝」とも呼ばれた世界的サッカープレーヤー、ロベルト・バッジョの言葉です。

イケメンであり、親日家でもあり、多くのファンに愛されたバッジョは、いつも楽な道ではなく、困難を伴う道を選んできたと胸を張ります。

また、それは「弱気を封じ込めるためには最適」とも言っています。

 

バッジョはワールドカップの決勝でPKを外し、大ブーイングを受けた際、「PKを失敗できるのは、PKを蹴る勇気を持つ者だけだ」と言い放ちました。

失敗するということは、その失敗を恐れずに、常に何かに挑戦しているということ。

一番難しいものを選択するということは、まさに挑戦なのです。

 

私たちは選択肢を前にすると、どうしても簡単な方、安易にできる方を選びがちです。

そうして、失敗したことは多いのではないでしょうか。

普段から小さなことでも、難しい方を選択していく。

これが挑戦であり、メンタルが強くなる秘訣であり、正解のような気がします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

スポーツジャーナリスト

瀬戸口仁

1960年2月25日、東京生まれ。サンケイスポーツ新聞社でプロ野球を11年間担当。独立して1993年に渡米し、ニューヨークを拠点に13年間、メジャーリーグ、とくに日本人メジャーリーガーを取材。日本の新聞、雑誌、サイ...

瀬戸口仁のプロフィール&記事一覧
ページトップ