名刺交換後は机に置かずすぐしまうのが良い!?アフターコロナのコミュニケーションに大切な「自己重要感」の高め方

話題

 

このコロナ禍がいつまで続くかは不透明ですが、ワクチンの普及により、アフターコロナを考えていくべき時期になりました。

それまでと同じようにとはいかないまでも、対面が増えていくことは間違いありません。

そのときに重要なのは、「自己重要感」を理解しておくことです。

 

 

人は誰でも「自分が大切」ですし、だからこそ、「人から良く思われたい」ものです。これが、「自己重要感」です。

自己を重要だと感じること。つまり、自分で自分のことを好きになることで得られる感覚、自分を大切にしてもらえているという実感のことです。

この「自己重要感」を満たすのに、相手の名前を呼ぶことは、とても大きな役割を果たします。

 

 

たとえば、初めて会う3人と打ち合わせをするとします。まず、名刺交換ですよね。

ふつう、頂いた名刺はテーブルの上に席順通りに並べたりします。今後はそういうことをしないでください。

3人の名前を必死に覚え、すぐに名刺入れしまってください。

そして、打ち合わせの中、覚えた相手の名前をちょくちょく入れながら会話を進めます。

こうすると、相手は「私の名前を覚えてくれたんだ」と嬉しくなり、印象も良くなります。

これが、相手の「自己重要感」を満たすということです。打ち合わせがうまくいくことは、間違いないでしょう。

 

 

相手の「自己重要感」を満たすやり方は、他にもあります。話をよく聞いてあげることです。

最低限、ワンストーリーが終わるまで、黙って、じっと聞いてあげましょう。

人は話をしたいし、聞いてもらいたいものです。

聞いてあげると、相手の「自己重要感」を満たすばかりか、「誠実な関心を寄せた」と受け取られ、相手に「癒し」を与えることができます。

 

 

さらに、「否定しない」(批判しない)ことも相手の「自己重要感」を満たします。

「それは違うと思うよ」とか、「それは間違っている」とすぐ自分の意見を押しつけ、否定(批判)する人がいますが、そういう人とは、あまり話したくはありませんね。

否定(批判)をせずに、まず受け入れることです。

「そうだよね」「そういう考えもあるよね」と、まずは受け入れることで相手の「自己重要感」を満たすことにつながります。

 

 

「自己重要感」に加え、「先」というキーワードも忘れないでください。

「先に挨拶をする」ことはもちろん、「先に褒める」、「先に質問をする」、「先にお礼を言う」、「先に調べる」など。

先手必勝ではないですが、相手にいい印象を与えます。

ちなみに商売相手の交渉の場には、相手より必ず先に着くことです。

遅れたらアウトです。先に着けば、心理的に優位に立つことができ、交渉もスムーズに運ぶ可能性が高まります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

スポーツジャーナリスト

瀬戸口仁

1960年2月25日、東京生まれ。サンケイスポーツ新聞社でプロ野球を11年間担当。独立して1993年に渡米し、ニューヨークを拠点に13年間、メジャーリーグ、とくに日本人メジャーリーガーを取材。日本の新聞、雑誌、サイ...

瀬戸口仁のプロフィール&記事一覧
ページトップ