【実は略語だった身近な言葉】「茶番」←この略語、正式名称は?(第269問)

話題

citrus 編集部

 

SNSの話題をお届けするcitrus。

 

今回は話題の情報から少し離れてひと休み。頭の体操でリフレッシュしましょう!

 

出題するのは、実は略語だった身近な言葉です。

 

 

 

■気になる答えは…

 

この略語の正式名称は、「茶番狂言」でした!

 

元々の言葉、意外と知らないという人が多いようですね。

 

 

■解説

江戸時代、江戸で流行した素人(しろうと)寸劇、茶番狂言のこと。茶番とは歌舞伎(かぶき)劇場の楽屋の職掌の一つで、三階の大部屋役者の受け持ちであったが、当番にあたった者はくふうを凝らして景物を出す習慣があった。これが江戸中期、天明(てんめい)(1781~89)ごろに民間にも広まったのが茶番狂言で、立茶番と口上茶番の2種ある。立茶番は京坂の俄(にわか)と同類の道化芝居であるが、口上茶番は座ったままいろいろの品物を出し、それを材料にして洒落(しゃれ)や滑稽(こっけい)を述べて落ちをつけるもので、見立(みたて)茶番ともよばれた。

では皆さん、また次回のクイズでお会いしましょう!

 

 

引用:コトバンク「茶番(茶番狂言)」,(参照:2021-8-26)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ