『呪術廻戦』その男、禪院甚爾 呪力のない人間が最強呪術師・五条悟を苦しめたワケ

話題

citrus 二階堂銀河

 

2020年10月にアニメ化した『週刊少年ジャンプ』の人気バトルマンガ『呪術廻戦』。主人公・虎杖悠仁の師匠である最強呪術師・五条悟を、かつて最も窮地に追い込んだ“最強の非術師”禪院甚爾の強さの秘密について紐解いていきましょう。

 

 

■禪院家の望まれぬ子・禪院甚爾の生い立ち

 

禪院甚爾(ぜんいんとうじ)は呪術界の御三家の一つである禪院家の血筋なのですが、呪術師にとって力の源である呪力を一切持ちません。術師としての価値を重んじる禪院家から存在を否定された甚爾はやがて禪院家から離れ、それ以降は女性のヒモとして暮らす生活へ。

 

しかし甚爾は術師をターゲットにした裏稼業も始め「術師殺し」とも呼ばれるようになります。実は、甚爾は「呪力が一切ない代わりに膂力・体力を底上げする」という「天与呪縛(てんよじゅばく)」の持ち主。だから呪力がない甚爾でも術師と互角以上に渡り合えたのです。

 

 

■殺しの仕事を請け負い……甚爾は若かりし五条と夏油と対峙

ある日、呪術界の未来を左右する存在である少女・天内理子(あまないりこ)の命を狙う宗教団体・盤星教から、甚爾に天内暗殺の依頼がきます。甚爾は依頼を快諾し、呪術高等専門学校に在籍中で天内護衛の任務に就いた五条悟(ごじょうさとる)と夏油傑(げとうすぐる)を、排除すべく画策。

 

甚爾によって天内に懸賞金が懸けられますが、学生ながらすでに最強を自称する五条と夏油は、天内を狙う敵を難なく倒していきます。しかし、それも甚爾の計画通り。2人の体力を削り、懸賞金を解いて安堵させたタイミングで甚爾は2人を急襲――天内は夏油とともに避難し、五条は甚爾と一騎打ちへ。

 

御三家である五条家のなかでも屈指の術師である五条も、甚爾の巧みな戦術により瀕死の状態に。次いで追いつかれた夏油は目の前で天内を殺され激昂し、善戦しますが最終的に甚爾に敗れてしまいます。

 

 

■暗殺成功と思った直後、復活&覚醒した五条と二度目の戦いへ

 

呪力がなければ呪霊を感知することさえできないはずが、「天与呪縛」で底上げされた五感によって呪霊を認識することができた甚爾。その強さの秘密は、呪力を完全に捨て去ることで一線を画したその肉体にあると言えるでしょう。

 

さらに、強力な特殊能力を有する呪具を相手とシチュエーションによって使い分け、その呪具を格納できる呪霊を小さくして飲みこみ腹のなかに入れることで、呪力を持たない自身は他の術師にとって透明人間のように動くことが可能に。

 

天から授かった肉体と圧倒的な格闘センス、何重にも凝らした工夫によって高専最強の2人を撃破した甚爾は、天内の暗殺も成功して万々歳……と喜びも束の間。瀕死の状態だった五条が復活――それにより呪力の核心を掴んだ五条はさらなるパワーアップを遂げ、甚爾は勇み立って挑むも敗れて絶命するのでした……。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

二階堂銀河

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。少年漫画好き。

ページトップ