ますます巧妙になる結婚詐欺の手口!騙されやすいタイプは?詐欺師の見極め方は?

人間関係

 

先日、「バドミントンの元日本代表だった」「オグ・シオを教えていた」などと嘘をついて女性を信用させ、複数の女性から現金などをだまし取っていたとみられる男が警視庁に逮捕されました。


容疑者男性は、被害者女性と同じバドミントンクラブに所属していて、「自分はオグ・シオ(小椋元選手・潮田元選手)を教えていた」などと嘘を言って、信用させていたようです。また、ほかの複数の女性に対しても「結婚」を持ちかけて現金などをだまし取っていたとみられ、悪質な結婚詐欺師だったとして逮捕されましたが、一連の容疑を否認しているそうです。

結婚詐欺は、昔からよくある犯罪ですが、手口やパターンは時代とともに変わってきています。たとえば、以前は圧倒的に男性が女性を騙すことが多く、「お金を貢がせた上で逃げる」というパターンでしたが、最近では、女性の結婚詐欺師も少なくありません。女性詐欺師は決して美人ではなく、料理上手で家庭的といったごく普通の女性が多いことが特徴です。また、外国人がビザや永住権目的で日本人男性を騙す国際結婚詐欺は、女性詐欺師が多いといわれています。

ではさっそく、最近増えている手口はどういうものかを見ていきましょう!

 

 

■婚活パーティや街コンで狙われやすいのはこんな女性


まずひとつめは、「婚活パーティや街コンパーティを利用した結婚詐欺」です。そもそも結婚詐欺というのは、婚活意欲のある異性を結婚という言葉で騙して、詐欺をはたらいて金銭を騙し取る手口。結婚詐欺は「ゆくゆくは結婚をするのだから、金銭の貸し借りなどの負担を強いられても仕方ない」と考える異性の心理につけ込むのです。ですから、積極的に結婚相手を求めて参加している婚活パーティや街コンは、結婚詐欺師にとっては格好の場なのです。

 

では狙われやすいのは、どういったタイプなのでしょう? ズバリ「婚活をしていることを周囲に隠している」女性です。結婚詐欺を企む男性は、なんでも周囲にオープンにしている女性を敬遠しがちです。なぜなら、いざ金銭を手に入れて関係を断ち切ろうとするときに、オープンで社交的な女性は友人に相談したり、周囲を巻き込んだりするので、詐欺がバレやすくなるから。周りに秘密で婚活をしている女性なら、被害に遭ったとわかっても、相談する相手も勇気もなく、訴えられるリスクが低いと結婚詐欺師は考えているのです。

実は男性の結婚詐欺師だけでなく、女性の詐欺師にも要注意!  しかも若い女性詐欺師ばかりでなく、高齢男性を狙う熟年女性詐欺師も婚活現場に多く潜んでいるのです。高齢男性は老後を穏やかに過ごすパートナーを求めて婚活している方が多いので、若さや美しさよりも、明るく気遣いのできる女性を求める傾向があります。一見人あたりがよく、優しそうで地味にみえる女性詐欺師も決して珍しくないのです。


■SNS、出会い系サイトは結婚詐欺師にとって理想の“仕事場”

ふたつめは、「SNSを利用した結婚詐欺」です。多くの人が利用するFacebookでの被害が増えてきています。個人情報が全面的に公開され、職業や経歴はもちろん、趣味や行動範囲までもが閲覧できるFacebookの特徴が悪用されるのです。結婚詐欺師はこうした情報から、対象者を絞り込むことができてしまいます。不特定多数の人が閲覧できるという状態ではリスクも高まるので、閲覧範囲を友達限定に狭めたり、見知らぬ人からのコンタクトがあっても、対応せずスルーすることなども有効でしょう。
 

出会い系サイトは手軽に婚活ができるうえに、周りにオープンにしていないケースがほとんど。結婚詐欺師にとっては理想的な“仕事場”です。男性の結婚詐欺師は、女性が好印象をもつように偽物のプロフィールを作り、高収入や高学歴をアピール。実際に会ってお付き合いを始めると、人柄もよく、トントン拍子に結婚話へと進んでいきます。いつも甘い言葉を囁き、結婚を意識させようと具体的な結婚話をしたり、結婚式場の予約までしたり……。女性結婚詐欺師も、女性ならではの魅力をプロフィールなどでアピールして、お金を上手く騙し取ろうとします。女性も、CAや読者モデルといったように嘘のプロフィールを作りこみ、若さや美しさも武器にしてきます。そして交際が進むと、結婚詐欺師は突然、仕事の都合や親の病気などを理由にお金の問題を相談してきます。疑う余地なくすっかり信用している相手がお金の問題を提案してくるので「結婚できるなら」とお金を貸してしまうことになるのです。男女ともに、こうした詐欺師から身を守るためには、見た目やスペックにとらわれず、本質を見極めることが大切なのです。


■ますます巧妙化する手口、どうやって自分の身を守る?

3つめは「家族までもが仲間になった詐欺グループ」です。結婚詐欺は昔から存在する犯罪ですが、最近は手口が年々巧妙化しています。相手を信用させるために、知人、友人をはじめ、親族、家族までが仲間となって結婚詐欺を行なう詐欺グループまで存在します。関係者すべてが詐欺グループで固められているので、より信憑性は高まり、より騙されやすい状況となってしまうのです。周りの人間がすべて辻褄を合わせているため、警戒心も解かれやすくなります。両親に会わせ、結婚の挨拶をすませてしまうことで、しっかりした信頼関係ができたという安心感から騙されてしまうのです。とても巧妙で、狡猾な手口といえます。

こうした詐欺を見極めるには、どうすればよいのでしょう。まずは「お金にまつわる話が出てきたら要注意!」ということです。狡猾な結婚詐欺師は対象となる相手の性格を見抜き、騙そうとしてきます。将来に漠然とした不安を抱えている女性、正義感の強い女性、また真面目で一途な女性、高学歴で高収入で社会的地位の高い女性などが、狙われやすいと言われています。こうした女性は、結婚話が進んでいる相手からお金の話が出たら、注意したほうがよいでしょう。どんな状況であっても「お金を貸して」という言葉が出たら、一旦、目を覚まして冷静になりましょう。自分では「ちょっとおかしい」と思い始めても、相手に夢中になっているときには、冷静な判断ができなくなってしまうものです。まずは信頼できる親族や友人、ときにはプロの専門家に相談してください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

結婚離婚カウンセラー

岡野 あつこ

All About「離婚」ガイド。TVのコメンテーター、雑誌取材も多く結婚離婚相談実績は27年3万件以上。岡野あつこのライフアップスクールも現在迄に2000人以上の門下生を創出する名門となっている。夫婦問題の悩みを解...

岡野 あつこのプロフィール&記事一覧
ページトップ