デートで相手を魅了するポイントは "良い想定外" ?

コラム

 

「恋を学んで強くなる」をコンセプトとする女性向け恋愛WEBメディア『恋学(KOIGAKU)』が「なんか想像と違う…デートで違和感を感じる原因3つ」なるタイトルの記事を配信していた。その「原因3つ」とは、とりあえず以下のとおりであった。

 

・相手を高く見積もり過ぎた

 

・言っていたことと言動が伴っていない

 

・本気か遊びか分からない

……とのことだが、デートに関しては百選錬磨の私的には、「自身の相手に対する見積もりが高かった・低かった」などで一喜一憂するよりも、デートで生じる「違和感=想定外」も楽しんでほしいと思う。たとえば、私の経験上では……過去にこんな「想定外」のケースがあった。

 

【1】  二度目のデートだったのに一度目のデートのことを一切憶えていなかった
(※追記:一度目のデートで彼女が酔っ払いすぎて、そのときの記憶を完全に失っていた。ちなみに、この子は三度目のデートまで「今日は初デートだよね!」とのセリフを連発していた)

 

【2】  お泊まり前提のデートでエアガンを持参してきた
(※追記:デート後に宿泊したとき、室内でエアガンを乱射。私はパンイチで逃げ回っていた)

 

【3】  初の温泉デートでマイグローブを持参してきた
(※追記:旅館の庭でキャッチボールをした。私は素手で彼女のボールを受けた)

 

【4】  某高級焼肉店の座敷席に座った途端、出てきたおしぼりで手だけじゃなく足を拭いた
(※追記:「今日はロングブーツだから足が蒸れちゃって……」とのこと)

 

【5】  初デートのとき髪型が坊主になっていた
(※追記:はじめて出会ったときは腰まであるロングヘアだった。「イメチェンしてみよっかな……と思って」とのこと)

 

【6】  コンサバ系のハイファッションなのに背中にタトゥーが入っていた
(※追記:背中部分がわりとユルめなデザインの服だった。彼女も隠す気はほどんどなかった?)

 

【7】  花柄ワンピの甘い系ファッションだったのにパチンコが趣味だった
(※追記:『牙狼』の新台を打つため、朝からパチンコ屋に並ぶのが次のデートだった)

 

【8】  思いっきしギャルな外見の子の口から「ゲッツー」という言葉が出てきた
(追記:「理想の男」は西武ライオンズの松井稼頭央現監督とのこと)

 

【9】  初デートで行きたいお店が「なまず料理専門店」だった
(※追記:↑2008年閉店。場所は新大久保で由緒あるお店だったらしい)

 

【10】 初ドライブデートで彼女がレーサー用の手袋を着けていた
(※追記:運転もかなりスリリングで、スピード違反で切符を切られていた。ちなみに、ゴメスは女性に運転してもらうのが大好きだったりする)

 

以上、これら一連の「想定外」にはもちろんのこと、「良い想定外」と「悪い想定外」が混在している。ざっとゴメス個人のジャッジを下すならば、

 

◯:【3】【6】【7】【9】【10】(※【8】=◎)
×:【4】
△:【1】【2】【5】

 

……ってところだろうか? 結論を申すと、

 

「自分の想定を超えた違和感を与えてくれる女性は、それがよほどの反社会的言動じゃないかぎり、たいがいは魅力的である」

 

……ということだ?

こちらの記事もおすすめ!
【恐怖】調理実習に参加した学生が食中毒に! 原因は白あんに使った "意外な食材" だった…

【恐怖】調理実習に参加した学生が食中毒に! 原因は白あんに使った "意外な食材" だった…

ページトップ