LINEはもはや時代遅れ!? "ついで感" で済ませたい「若者の連絡事情」とは

コラム

 

お笑いタレントの有吉弘行さん(48)が4月23日、みずからがパーソナリティを務めるラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)に出演し、「若者のLINE離れ」について言及なさっていた。

 

番組ではまず、世間でも散々 “嘲笑” のターゲットとなり尽くしてきた「LINEのおじさん構文」が話題に。有吉さんは

 

「(LINEの)絵文字って、もう使わないのかな? LINEもよく知らないし、俺はショートメールだけだからね」

 

……と、自身の連絡手段を明かしたのちに、

 

「この前ニュース見てたら、若い子はスタンプも使わないし、『LINEもイヤだ』って言ってて。インスタとかTikTokのDMで(メッセージを)送るとラクなんだって。もう、そういう時代なんだよね。若い子はLINE(自体)も『おじさんだな……』って思ってるらしいよ」

 

……と、語っていた。

 

さて。この有吉さんによる “若者の最新事情” がどの程度信憑性があるのかは、現時点ではまだ判然とはしないのだけれど……たしかに、私にも “思い当たる点” はいくつかなくもない。

 

たとえば、私が懇意にしている24歳のとある女子は、なんぼLINEでメッセージを送っても……いっこうに「既読」マークが付かない。

 

「ああ、この子はあんましボクのことが好きじゃないのね……」

 

……と、これ以上の親密な関係に至ることを諦めかけていたら、5日後あたりに1行……どんなに長くても2行以内の短文が返ってきて、 “会う約束” なんかも、すんなり受け入れてくれる。(※ “成立” するまで、けっこうな時間を要するのだが笑)

 

で、実際会ってみて彼女のスマホを見せてもらったら……なんと! LINEのアイコンの右上には、「6038」という赤(長)丸白抜きの「未読」マークが付いていた! 私なんぞはLINEやメッセンジャーやメールの赤丸が「1」と表示されただけでも、気になって気になって仕方ないので、即行で「既読」してしまうのだが、彼女の弁によると、

 

「LINEはいったん “既読” してしまうと、その後に何度かやりとりを繰り返さなければならないのが億劫!」

 

……なようで、LINEに「既読」マークを付けるのは、彼女にとって “苦行” のはじまりとなる……のだそう。

 

では、そういう “LINE嫌い” な若者たちは、どういったツールを使って、親しいヒトたちと連絡を交わしているのか……? 「正解」は有吉さんが先述したとおりの

 

「インスタとかTikTokのDM」

 

……であるらしい。理由は、単純に「LINE」より「インスタ」や「TikTok」のほうが接している頻度が高いから。あと、コッチのDMだと

 

「ついで感があるから、無駄なやりとりが少なくなる」

 

……んだとか……?

 

一昔前は電話以外の “文書” で連絡のやりとりをする際、我々は普通に「メール」を使用していた。が、イマドキではプライベートの連絡をメールで交わすヒトも滅多にいないだろう。

 

そして、もしかするとこの数年後には……「LINE」だって「メール」と同様、 “過去の遺物” 的なツールと成り果ててしまうのかもしれない?

こちらの記事もおすすめ!
【スカッと】「うちの親父は一級建築士なんや!こんな施工しやがって」とクレームが! 後日、一級建築士の父親がやってきて…?

【スカッと】「うちの親父は一級建築士なんや!こんな施工しやがって」とクレームが! 後日、一級建築士の父親がやってきて…?

ページトップ