【どん兵衛トリビア】東西で味が違うのは当たり前? 明日話したくなるどん兵衛の秘密とは

ライフスタイル

後藤拓也

 

■どん兵衛のお茶漬けが存在した!?

 

「どん兵衛」シリーズの「きつねうどん」と「天ぷらそば」が発売されたのは、1976年のこと。その開発にはマーケティングの手法が使われ、日清食品は、ユーザーの求める商品とは何かを研究していました。これにより、業界初のどんぶり型の容器に、白くて太い本格的なうどんが入れられた製品が誕生したようです。

 

この狙いは大当たりだったようで、販売が開始されるとすぐ大人気に。以降、和風カップ麺を代表する商品となりました。しかし、日清食品はそれにあぐらをかかず日夜研究・開発を続け、縮れ麺だったそばを真っ直ぐな麺にしたり、うどんの厚みを増して長さを2倍にしたりと、大胆な改良を行ってきたのです。

 

その意欲的な姿勢は、シリーズの派生商品の開発にも貫かれており、過去には「キムチうどん」や「地中海風海鮮うどん」、「ちゃんこ鍋風うどん」といった、ユニークなどん兵衛が発売されたこともありました。

 

極めつきの一品が「のり茶漬」。カップ麺のシリーズでありながら、お湯を入れて作るお茶漬けを作ってしまったのです。辛味を調節できるよう、わさび粉を別添えするなどの工夫も施されていたこの商品、発売されたのはどん兵衛誕生からたった6年後の1982年だというのだから驚きですよね。

 

 

■どん兵衛は東西で味が違う!?

 

定番商品のどん兵衛ですが、消費者からは毎年のように「味が違う」といった苦情が寄せられてしまうそう。ですがもちろん、製品自体に問題があるわけではありません。

 

味に違和感を持った人のほとんどが、関西から関東に、上京や単身赴任で訪れた方なのだとか。実は、関ヶ原の付近でどん兵衛の味は分かれており、パッケージに違いはなくても、関東は鰹だしを効かせた色の濃いつゆ、関西は昆布だしベースの薄味のつゆと、地域に合わせてかなり変化が加えられているのです。

 

この東西での味の違いは、なんと、発売当初から調整されているそうです。これも、消費者の嗜好を徹底的に研究した末の工夫なのですね。

 

 

■容器がドライヤーで浮く!?

 

個性あふれる宣伝活動でも、私たちを楽しませてくれているどん兵衛。過去には、空容器の底にドライヤーの風を当てることにより、どん兵衛がふわふわと宙に浮く様子の動画を、公式Twitterアカウントが投稿したこともありました。

 

さらには、架空の秘密結社「フライングどん兵衛機関(FDI)」についての特設サイトを公開したことも。どん兵衛の浮かせ方や、“フライングどん兵衛”の歴史を詳細に伝えるなど、かなり手の込んだ内容だったようです。どん兵衛はこの先、どんなPRを展開してくれるのかといった点にも目が離せませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

後藤拓也

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。1992年、東京都生まれ。生きている時間の大半はラジオを聴いている。将棋の対局を観戦したり、野球やサッカー、プロレスを見たり、人文書を読んだり...

後藤拓也のプロフィール&記事一覧
ページトップ