キアヌ主演のあの映画も……!? 100億円オーバーの大赤字を叩き出した不運な映画3選

エンタメ

TND幽介

 

■『カットスロート・アイランド』:赤字額約154億円!! ギネス保持もしていた悲惨作

 

1995年公開の映画『カットスロート・アイランド』は、当時ギネス世界記録も保持していた大赤字映画である。女海賊のモーガンが父の残した宝の地図を頼りに大冒険を繰り広げる、アクションアドベンチャー大作だったのだが、悲惨な興行成績に終わっている。

 

その大きな原因と言われているのが、無茶な制作現場の逸話の数々。実物大のガリオン船を制作して、それを爆破するなど、まだまだCG技術が発展途上だった90年代において、リアリティの追求の名の下に莫大な予算が飛んでいったのだ。

 

挙げ句の果てに、監督のレニー・ハーリンとチーフカメラオペレーターが現場で対立。チーフカメラオペレーターを含む、不満を貯めていた半数以上のクルーが去ってしまう悲劇も起きたという。結果、制作費の1割程度しか回収できず、制作会社も倒産してしまった。

 

 

■『47RONIN』:赤字額約149億円!! キアヌ主演のジャパンファンタジーも大爆死 

 

『ジョン・ウィック』シリーズで奇跡の大復活を遂げたハリウッドスター、キアヌ・リーヴスだが、彼のキャリアがかなりやばかった時期がある。その原因とも言われるのが、2013年公開のファンタジーアクション映画『47RONIN』だ。

 

本作は、赤穂浪士の忠臣蔵をモデルに、天狗に付けられたという傷を持ち、浅野内匠頭に助けられた過去を持つ異国の武士・カイが、赤穂浪士として怨敵・吉良上野介、そしてその側室の妖術使い・ミヅキに挑むという、トンデモジャパン映画。

 

ぶっ飛び具合を楽しめれば悪くない部分も多いのだが、世界的にはそうは思われなかったようで、約149億円というトンデモない赤字を叩き出した。

 

 

■『キング・アーサー』:赤字額約170億円!! 驚異の数字を記録した歴史的大コケ映画

 

2017年に公開された『キング・アーサー』は、監督にガイ・リッチー、主演に『パシフィック・リム』で巨大ロボを操ったチャーリー・ハナムを配した一作だったが、衝撃の約170億円という赤字を叩き出した迷作。

 

両親を殺され、スラム街で生きていた青年アーサーは、聖剣エクスカリバーを手に、伝説的英雄となる運命に飛び込んでいく――というあらすじ。

 

有名なアーサー王伝説がモチーフの映画で、さしたる欠点もないのだが、使い古されたテーマと、わかりづらいストーリー運びでパッとせず、気づいたら6部作の構想はおろか、衝撃的な大赤字になっていたという悲運の映画となってしまった……。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

TND幽介

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。人生の大半をアクションやSF、ホラー映画に笑顔で投げ込んできた男。元・編集者。最近はオカルトに興味を持ち怖い話を収集しているが本人の霊感はか...

TND幽介のプロフィール&記事一覧
ページトップ